春のインターンシップに参加するメリットとは | 新卒就活.com

2016/08/04更新

春のインターンシップに参加するメリットとは

春のインターンシップに参加するメリットについてご紹介します。
就活においてインターンシップは非常に重要な意味のあるものですが、通常インターンシップといえば夏の長期休暇に行なわれるものが多いといえます。
しかし近年では春休みの間に行なう春のインターンシップの開催も非常に増えているといえます。

早い段階から春のインターンシップに参加すること

nature-928421_640
夏のインターンシップと違い、春のインターンシップは基本的にはまだ就活を数年後に控えている大学1年や2年が参加をしたほうが良いインターンシップだといえます。
大学1年・2年といえばまだまだ就活までは時間があると油断している時期だといえますが、実際には大学1年・2年の時期から就活へのカウントダウンが始まっているといっても過言ではありません。
なぜなら、大学生側にはまだ就職に関する意識が低くても、企業側は非常に早い段階から優秀な人材には目をつけてチェックをはじめているからです。

~企業に就職に対する意識が高さを証明できる~

どの企業も優秀な人材を確保するために動いていますし、そういった意味も込めて早い段階の春からインターンシップを行なっているともいえます。
そのため春のインターンシップに1年・2年の段階から参加をしていると、この人はやる気がある、就職に関しての意気込みがあると企業にアピールすることも可能となるわけです。

春インターンシップは就活本番前の準備

大学3年生ともなると、やはり1年後には就活を始めるといった段階に進んでいることになります。
そのため身の回りが徐々に就活にむけて慌しくなってくる時期でもあります。
大学3年生で春のインターンシップに参加するメリットは、やはりいち早く企業での仕事とは何か、社会人としての責任とは何かを肌で感じることが出来るようになるといえます。

~学生と社会人の違いを肌で感じることができ就活への心構えができる~

実際に企業のインターンシップに参加して仕事を体験するというのはとても有意義であり重要で、そのことにより就活に対する考えなども大きく変化することになります。
特に何になりたいか決めかねている人は、興味のある業種の春のインターンシップに参加することで、その仕事が自分に向いているかどうかをいち早く知ることにも繋がるといえます。
大学3年生の場合、まだそれほど学業が忙しくない時期でもありますから、余裕を持って春のインターンシップにも参加が出来るでしょう。

春インターンシップは内定への近道

春のインターンシップは今までは大学4年生の参加はまず出来ないインターンシップでした。
これは今までは選考のスタート時期が4月解禁だったため、春のインターンシップに参加している暇などないというのが実情だったためです。
しかし2016年度から選考スタート時期が8月に後ろ倒しされたため、大学4年生の春のインターンシップ参加が可能となりました。

~成果を残せば内定につながる可能性もあり得る!~

企業の中には春のインターンシップが内定に直結する企業も少なくないといわれており、春のインターンシップに参加をするか否かで就職が大きく変わる可能性もあるわけです。
選考スタートまで残り5ヶ月という時期でのインターンシップとなりますから、企業側も選考スタートの8月より前にインターンシップで優秀な人材の見極めと確保を行ないたいという思惑もあるといえます。
そのため大学4年の人は率先して春のインターンシップに参加をしたほうが良いといえます。

春のインターンシップは大学1年〜4年生まで全ての学生にメリットがあるイベント!

以上、春のインターンシップに参加するメリットとは?学年別編に紹介しました。
春のインターンシップは大学1年〜4年生まで全ての学生に関係のあるインターンシップだといえます。
基本的にインターンシップへの参加は必ず自分の就活への糧となりますし、参加することで企業との繋がりを持つことにもなりますので、参加できる場合には参加するようにしたほうが良いでしょう。