最終面接が圧迫だった場合の対処法とは | 新卒就活.com

2016/09/13更新

最終面接が圧迫だった場合の対処法とは

最終面接が圧迫だった場合の対処法についてご紹介します。
書類選考、筆記試験、複数回にわたる面接。
そして待ちにまった最終面接がまさかの圧迫だった場合、あなたはどうしましょうか?
企業が圧迫面接を行うのには必ず理由と目的があります。
それを理解したうえで圧迫面接を対処しましょう。

最終面接で圧迫を行う目的とは??

tokyo-tower-825196_640
企業の採用試験に残り最終面接で行くことは非常に難しく、最終面接まで残ればほぼ内定は決まったも同然だと考えている就活生もいるのではないでしょうか。
しかし実際には最終面接が最も重要かつクリアするのが難しいと言われており、特に圧迫面接を行われた場合にはそれに対処できずに最終面接で不採用になる場合も考えられます。

~就活生が精神的なストレス不可に耐えられるかどうか判断する手段~

圧迫面接とは簡単に言えば理不尽な質問などを繰り返し精神的なプレッシャーを与えていく面接方法のことで、応募者のストレス耐性や適応力を計るための面接方法だと言われています。
要するに精神的ストレスに耐えれない場合は、企業の仕事にも耐えられないと判断されるわけです。

最終面接における圧迫で見られるポイント

最終面接が圧迫面接だった場合、企業はその圧迫による最終面接で何を見ているのでしょうか。
基本的には精神的ストレスに対する耐性がどれくらいあるか、理不尽ともいえる質問にどれだけ冷静に受け答えが出来るか、回答を追及された場合にどのように適応して臨機応変に対処できるかといったことを企業側は圧迫により判断していると言えます。

~感情的になるのはNG!冷静かつ臨機応変に対応すること!~

そのため理不尽な質問に対して対処が出来なかったり、おろおろして答えられないといった状態になってしまうと、その時点でマイナス評価となる可能性が極めて高くなります。
ですから何を言われても動じないくらいのほうが、むしろプラス評価になると言えるでしょう。

最終面接での圧迫に対する対処法とは?

最終面接で圧迫をされた場合、どのように対処をすれば良いのでしょうか。
最終面接での圧迫で多いのが、自分の考えを否定されるような応対、次から次へと追及してくるような質問、そしてあからさまにこちらに対する興味が無いような態度の3つが主に圧迫面接で使用されるパターンだと言えます。

~相手の意見を受け入れて企業に貢献できるよう改善する姿勢をみせる~

特にアピールしたポイントを全否定されてしまうと多くの人がその時点で動揺してしまい何も言えなくなる場合が多いのです。
もしアピールポイントを「誰にでも出来る様なことをアピールされてもね」と言われた場合には、そのアピールポイントをさらに伸ばして企業の仕事に貢献できるようにしますくらいは返せるようにしておく必要があるでしょう。
圧迫面接といってもあくまでも面接ですから、自分の言いたいことを全て言え、更に否定されても動揺しない精神力を養うことも事前に必要となるでしょう。

最終面接での圧迫で重要なのは演技だと割り切ること!冷静な対応が重要!

最終面接で圧迫された場合、その圧迫に対して動揺したり中には怒って反論をしてしまう参加者もいるようです。
しかしそれは企業の手の上で踊らされていることになりますので、まさに企業の思惑通りの対応をしてしまったことになるわけです。

そのため最終面接での圧迫はあくまでも演技であり、自分の耐性や適応力を調べているんだと割り切って対応をしたほうが良いと言えます。
感情的になればなるほど企業の思うつぼですし、冷静さを失うような性格はやはり仕事上でも同じような失敗をすると判断されても仕方がないと言えますから、いかに冷静にいられるかが圧迫に対する対処法と言えます。