最終面接で受かる人の3つの特徴 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

最終面接で受かる人の3つの特徴

最終面接で受かる人の3つの特徴についてご紹介します。
書類選考から始まり、筆記試験、数回にわたる面接、そして待ちにまった最終面接。
ここで落とされたくないのは皆同じです。
最終面接で受かる人にはある共通点があります。
その共通点をおさえておき、実践してみましょう。

最終面接で受かる人の特徴1,準備を怠らない

gull-456727_640
まず最終面接に受かる人はたとえ最終面接であっても事前の準備を怠りません。
就活生の中には最終面接や意思決定の場という話を鵜呑みにしてしまっている人も多いよいうですが。
実際はがっつりと面接をされますし、落とされる人は落とされます。

~自分の回答の根拠を深く掘り下げていく対策が必要!~

そんため受かる人はたとえ最終面接であっても志望動機や自己PR、面接での受け答えや企業研究を怠ることはありません。
さらに最終面接では「その根拠は?」「その理由は?」という「なぜなぜ」攻めを何回でも行ってくる面接官もいるので、1つ1つの話をしっかりと掘り下げて考える必要があるのです。

最終面接で受かる人の特徴2,目線

最終面接に受かる人の2つ目の特徴は、面接中常に毅然とした態度でいることです。
ある就活生の話だと、元人事部に配属されているOB訪問をしたときに面接で注目するのは?と質問をしたところ。
即答で「目線」と答えたそうです。

~話す・聞くときの視線が重要!しっかり相手の目をみること~

目線が泳いでいたりきょろきょろとしている人はかなりの確立で落とされます。
そのため最終面接で受かる人は常に前を見据え、面接官の視線を受け止めています。
たとえ強い緊張が襲ってきたとしても、目線は泳がせずしっかりと前を見ましょう。
面接官が何かを話しているときにはしっかりと目を見て話をききましょう。

最終面接で受かる人の特徴3,意欲をアピール

最終面接において見極められるのはスキルでも経験でもありません。
求められるのは企業への意欲と相性です。
面接に受かる人はこの意欲を上手にアピールしています。

~企業でどのように活かせるのか関連させた自己PRが重要!~

例えば自己PRをするとき、自分の強みとそれが活かされた経験のみを話して自己PRが終わってはいませんか?
最終面接で受かる人は、自己PRの最後に企業へどのように貢献していきたいかを話します。
これにより企業への意欲を示すことができ、最終面接で受かる確立がぐっとあがるのです。
自己PRをするときはしっかりとどのようにして貢献するかも述べて企業への意欲をアピールしましょう。

最終面接に受かるためには企業研究の徹底を!社長のブログなども参考に読んでおく!

まずは事前の企業研究をしっかりと行い準備をしましょう。
基本的な情報を集めたりOB訪問をするのは準備をするのに加えて企業への意欲をアピールすることができます。
さらに企業の代表者のブログをチャックして企業について知りましょう。

最終面接で受かる人になるためには準備と目線、そしてアピールです。
この3つを守れば最終面接を突破する確立をあげることができるでしょう。
最終面接を意思確認の場だと決してなめてかからないでください。
最終面接に受かる人になりたいのでれば、最終面接ほど慎重にいかなくてはなりません。