最終面接で合否を分ける3つのポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

最終面接で合否を分ける3つのポイント

最終面接で合否を分ける3つのポイントについてご紹介します。
やっとたどり着いた最終面接。
このまま内定が決まれば就職活動も終わりを告げます。
ですが最終面接の意味を勘違いしてしまい、気を抜いてしまう就活生も多いそうです。
最終面接で合否を分ける3つのポイントを押せえて内定を勝ち取りましょう!

最終面接で合否を分けるポイント1,準備

recommend-315914_640
一次・二次面接を通過してやっとたどり着いた最終面接、そして「最終面接は意思確認の場だから合格したも同然!」と思っている就活生が以外に多いですが、その気持ちが合否を分けることになります。
なぜなら最終面接は意思確認の場ではなく、がっつりと面接をされて落ちる人はしっかりと落ちるからです。

●最終面接の目的は意思確認ではない!しっかりとした事前の準備が重要!

事実最終面接に落ちる人の多くは意思確認の場だという情報を鵜呑みにして何の準備もせずに最終面接に臨みます。
そして役員にがっつり質問攻めされてタジタジ。。当然合否の結果は不合格。
このようなことにならないためにも最終面接は意思確認の場だという考えを捨て、今一度企業研究からやり直しましょう。

最終面接で合否を分けるポイント2,印象力

「最終面接ではいくつか質問をされて役員と少し話をしただけで終わった。質問への受け答えもばっちりだったから絶対合格!」と思っていたのに合否の結果は不合格。
なんて就活生珍しくありません。
このように志望動機も自己PRも完璧なのに落とされた、という人は印象力が足りないのです。

●身だしなみや話し方など自分の振舞いに気を配らなくてはならない!

なぜなら志望動機や自己PRを重視して評価される場はすでに一次・二次面接で過ぎたのです。
特に面接官のトレーニングを受けていない役員は就活生の合否を印象という実に非論理的な方法で決めます。
そのため最終面接では志望動機や自己PRを完璧にするのはもちろん、身だしなみや話し方、仕草や色々な行動に気を配らなくてはならないのです。

最終面接で合否を分けるポイント3,視線

「目は口ほどに物を言う」とはよく言いますが、最終面接では就活生の視線が合否を分けることがあります。
なぜなら最終面接の面接官達は就活生の目線がどこにあるを常にチェックしているのです。
先にも述べたように意思確認の場だと思っている就活生の中には余裕からか目線がきょろきょろしている人が多くいるのです。

●不真面目な印象を与えてしまう!面接官から視線をそらさないこと

しかしそれは面接官達から不真面目に映り、どんなに優秀な就活生でも落とされることになるでしょう。
さらに面接官の視線の強さに負けて少しでも視線を逸らした瞬間、「この就活生はだめだ」と思われる可能性があります。
最終面接での合否はそれほど印象による要素が大きいのです。

最終面接の合否は準備・印象力・視線で決まる!

印象力を磨くにはまず身だしなみに気を遣い、面接中は背筋を伸ばし姿勢を整えて目線は真っ直ぐ前を見据えること。
これだけでだいぶ印象を良くすることができます。
さらにハキハキとした声で受け答えをし、面接官の話を真剣に聞いていれば悪い印象を与えることはないでしょう。
あとは最終面接は意思確認と考えずにしっかりと準備をしておくことで、合否結果を良いものになる確率が上がります。

いかがでしょうか?今回は最終面接で合否結果を分ける3つのポイントについてご紹介しました。
これらのことを踏まえた上で最終面接に望み内定を勝ち取りましょう!