最終面接で合格を勝ち取るための3ポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

最終面接で合格を勝ち取るための3ポイント

最終面接で合格を勝ち取るための3ポイントについてご紹介します。
最終面接はただの意思確認ではありません。
入念な準備と対策が必要となりますし、身だしなみなどはより一層気を付けなければなりません。
最終面接で合格を勝ち取るためのポイントをおさえて内定を勝ち取りましょう!

最終面接で合格するためのポイント1,第一志望をアピール!

dandelion-341464_640
最終面接では、入社への熱意というのが今までよりもさらに大切になってきます。
最終面接で合格を出したのに結局他へ行かれてしまい、その間に他の候補者にも去られてしまったとなると、また採用活動のコストや手間がかかりますから、企業側としても最終面接での合格は、確実に入社してくれる方に出したいと思うものなのです。

●入社への熱意が大事!他社との差別化や将来の展望を明確にすること

そうして第一志望であることをアピールするためには、他社との差別化を改めて図ったり、将来の展望を明確にしたり、「第一志望ですか?」と聞かれた時に目をみてまっすぐ第一志望で、内定が出たらすぐに就活をやめますということを言えるようにしないとなりません。
そのための準備をしっかりしておけば、最終面接で合格をもらえる可能性もすごく高くなるでしょう。

最終面接で合格するためのポイント2,どう貢献できるか説明する

最終面接で面接を担当するのは、経営陣ですから、利益につながらなさそうな人は欲しいとは思わないものです。
ですから、最終面接で合格を勝ち取るためには、自分がどう会社に貢献できて、どう利益につながるのかということを説明できるようにしておく必要があるのです。

●面接官は経営人!会社の利益につながるような自己アピールが重要

自分のこんな能力が会社のここでこう活きて、それによりこんな風に会社が良くなり、こんな利益を得るということをなるべく具体的に説明できるようにしていきましょう。
それが見えれば見えるほど経営陣には魅力的に見えるようになり、合格を出したくなるというものですから。

最終面接で合格するためのポイント3,逆質問を用意する

最終面接の段階ですからもうあまり質問もないかもしれませんが、逆質問をたくさん用意しておくというのも合格を勝ち取るためには必要なことです。
最終面接でもやはりコミュニケーション能力は重要なポイントとして見られているものですし、逆質問がたくさんあるとそれだけ熱意も伝わり、第一志望であることもより強くアピールできるでしょう。

●逆質問が多いほど会社に対する熱意が伝わる!面接を盛り上げて雰囲気を良くしよう

逆質問の内容は、会社に関することでも、仕事内容に関することでも、最終面接担当者個人の事でもなんでもいいです。
最終面接を担当するような役職のある方はだいたい話好きですから、逆質問を繰り返せば間違いなく盛り上がります。
そうして面接を盛り上げて、雰囲気を良くすることもまた、合格を勝ち取るためには大切なことであるといえるでしょう。

最終面接に合格するためは入社への意欲の高さをアピール!

以上、最終面接で合格を勝ち取るための3つのポイントのご紹介でした。
中には最終面接はただの意思確認で、面接なんてあってないようなものだと思っている方もいるかもしれませんが、実はまったくそんなことはなく。
最終面接で落とされることもざらにあるのが、就活なのです。

ですから、ここで紹介してきたようなポイントを知っておく必要があるのです。
最終面接まで来て落とされていたのでは、時間や労力が全て無駄になったことになり、心の折れ方も今までとは比べ物にならないものとなるでしょう。
そうなっては辛すぎますから、最終面接で合格を勝ち取れるように、これらのポイントをおさえておいてください。