最終面接の結果待ちって辛くない?連絡が遅い理由と対処法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

最終面接の結果待ちって辛くない?連絡が遅い理由と対処法

最終面接の連絡が遅い時は不安ですよね。でも、それには理由があります。
最終面接で連絡が遅い時の理由と対処法をお教えします。その後の学生生活を有意義に過ごすためにも、最終面接で連絡が遅い時の理由と対処法は把握しておきましょう。

最終面接で採用を決める担当って?

new-york-540807_640

最終面接の連絡がなかなか来ないと、不安になるものですよね。では、その最終面接で採用を決めるのはどのような人なのでしょうか。

会社で内定を決めるのは、人事担当ではありません。面接官と役員が集まって決めることがほとんどです。また、最終面接では結果の了承を経営トップからサインをもらえないと、結果を就活生に連絡・通達できない、など企業によっては内部の事情もあるようです。大手企業になればなるほど、結果の通知がかなり遅かった、という場合もあります。

確かに、一緒に働いていけるかどうかは、企業が存続するために重要な指標となりますよね。そのため、連絡が遅くなることも仕方ないかもしれません。

調整のために合否の採決が遅くなる

また、こちらの採用決定権限を持つ人がそれぞれ忙しいと、多忙のため時間がズレてしまい、その結果合否の採決が遅くなってしまうことがあります。

あるいは、合格基準に達している就活生が少ないことから採用枠があっても残しておき、2次募集をするという結論を出すこともあります。

採用担当の事情によって遅れることもあるので、指定の日まで待つことも大切ですね。

連絡が遅い時は評価が分かれている

3

ただ、最終面接の連絡に関しては、特に優秀な人材にはすぐに連絡がいくことが定説です。「うちの会社で一緒に働いて欲しい」と思った人は、即日内定通知をすることで、他社に取られないようにするものです。
基本的に、内定の結果は面接の翌日から3日以内に届くことが多いとされています。

遅い場合は補欠候補になっているかも

一方、その他大勢の学生の場合、誰にしようかと最終的に迷うことでギリギリになってしまうのです。企業としては手間を省くために、特に目立った人材や縁故でなければ最後の一人が決まった段階で一斉に連絡をすることにしています。

最終面接を受けてから連絡が遅い場合には、自分はその他大勢の補欠候補であるかもしれないと考えて、1週間ほど待つようにするとよいでしょう。

不採用を伝えにくいため時間を空けている

ただ一方で、不採用だと伝えにくいので時間をおいていることもあります。
面接官も面と向かって結果を伝えるのは心苦しい部分があります。また、応募者の精神的ショックへの配慮も考えて、時間を置いて書面やメールで伝えるようです。

面接中に不採用が決まっていても、「様々な内容をかんがみた結果、残念ながら不採用となりました」と表向きの配慮をするでしょう。

サイレントお祈りの可能性もあるため注意

また不採用の場合、企業が選考結果を連絡していないこともあります。遅い場合は、サイレントお祈りが考えられます。サイレントお祈りとは、企業が選考結果を連絡しないことを指します。

事前にその告知があればまだしも、ない場合もあるのできちんと結果をはっきりさせて次に進むことが大切です。2週間から3週間たっても選考結果に対する連絡が来ない場合は、企業に電話してみましょう。

企業も最終面接で優秀な人材を確保したい

1

企業側としても、最終面接で内定を出すには苦労があるようです。早く内定通知をだしてしまうと「これで一か所は安泰だ」と安心してほかの選考に参加する就活生がいます。

就活生がなるべく多く内定を取って、その中から選びたいと考えるのも当然です。そのために、企業がギリリギリで内定を出してあまり多くの会社の面接を受けないようにしていることも仕方ない一面があります。企業側も最終面接で優秀な人材を確保するために必死なのです。

まとめ

2

最終面接で連絡が遅いときは、様々な理由が考えられます。優秀な人材にはすぐ内定通知が届くようですが、迷っている場合や、企業側が多忙であるなどの事情により、連絡が届かないことがあります。

そのため、最終面接が終わっても情報収集や書類の用意はやめずに続けてください。

あまりにも最終面接の結果が届かない場合は、自分から連絡するのもありです。不安になることも多いと思いますが、悔いのないように就活を進んでください。