最終面接の結果がなかなか来ない場合の対処法 | 新卒就活.com

2016/09/05更新

最終面接の結果がなかなか来ない場合の対処法

最終面接の結果がなかなか来ない場合の対処法についてご紹介します。
ようやく選考の最終段階である最終面接にたどり着き、手ごたえを感じて終わることができた!なのに1週間まっても連絡がこない……これには心臓が痛くなりますよね。
ここでは最終面接の結果がなかなか来ない場合の対処法についてご紹介します。

最終面接の結果は2週間は必ず待つようにする

girl-791389_640

最終面接の結果が来ない時というのは色々と理由があるものです。
最終面接はただでさえ悩むものですから、単純に選考に時間がかかる。
なかなか揃えるのに時間がかかる役員たちとの会議。
さらには各種手続きなど、ちょっと考えるだけでも時間がかかるというのはわかるものです。
ですから、たとえ最終面接の結果が来ない場合でも最低でも2週間は待つようにしましょう。

●催促の連絡は控えめにすること!!

それ以前に電話したりしても、催促している感じがすごく感じ悪く受け止められて
点数が下がる可能性があります。
そうなると採用から不採用にかえられてしまう可能性すらありますよね。ですからそうならないように、最低2週間は待つ必要があるのです。

最初に問い合わせる場合はメールで行うこと

2週間まっても最終面接の結果が来ないというというのであれば、まずはメールで問い合わせるようにしてみてください。
メールでの問い合わせであれば、あまり急いで催促している感じも伝わりませんし、もしかしたら何か連絡トラブルがあったのかなと不安になったというニュアンスでやわらかく伝えることができます。
この段階でも電話で連絡するのはちょっと失礼ですし、それを電話で伝える際には心配そうな声を出したりしないとならないので難しいですが、メールならば簡単です。

●遠回しに催促するようなメール内容にすること!

ですから、最終面接の結果が来ない時にはまずはメールで、「連絡トラブルがあったのかと思い連絡させていただきました。」と連絡するようにしましょう。
すると最低でもなぜ連絡が遅れているのかということや、いつまでに連絡するということくらいは返信してくれるはずです。

3週間待っても連絡がない場合は電話をすること

メールを送って1週間待ってもまだ最終面接の結果の連絡ないしは、何かしらの連絡が来ないというのであれば電話をしましょう。
それだけ待てば電話で連絡するのも失礼にはなりません。
むしろメールで問い合わせしたのに無視する企業側がすこぶる失礼というものです。ですから、電話で連絡しても問題ありません。

●電話をする際ははじめにメールで連絡した旨を伝えること!

電話で連絡する際には、メールで連絡した旨を伝えつつ「もしかしたらメールすら届いてないのか不安になり電話した」というニュアンスで話すようにしましょう。
そういう伝え方であれば、まずあちらから謝ってきてくれ、スムーズに話をつけることができるでしょう。
最終面接の結果が来ない時には、最終的にはこう対処すると良いです。

最終面接の結果が2週間待っても来ない場合はにメール!3週間待っても来ない時は電話をすること

以上、最終面接の結果がなかなか来ない時の対処法のご紹介でした。
企業の中には、最終面接の結果をまず合格者にして、その間ずっと不採用候補者たちには連絡せず保留しているというずるい企業もあります。
そうして保留したのち連絡するのが億劫になり連絡しないという最低な企業すらあるほどです。
こちらから連絡しないかぎり、ずっと最終面接の結果が来ないのです。それはやはり悔しいですし、なんだかツラいですよね。
ですから、結果の連絡がなかなか来ない時には、これらの方法できちんと対処していき、確実に結果を知るようしていきましょう。