最終面接の結果がわかるまでの日数について | 新卒就活.com

2016/09/06更新

最終面接の結果がわかるまでの日数について

最終面接の結果がわかるまでの日数についてご存じでしょうか?
採取面接ほど結果が待ち遠しいものはありません。
ですが、なかなか連絡が来ないと不安になってきますよね?
最終面接の結果連絡が来るまでの平均的な日数を知ることで、そんな不安も解消されるので、就活生はぜひ覚えておきましょう!

最終面接の合否までの日数の平均とは??

time-699965_640
企業の採用試験に最終面接まで残り、最終面接が終わった後は結果が出るのをひたすら待つしかありません。
この最終面接の結果がわかるまでの日数はどれくらいかかるものなのでしょうか?

●平均的な日数はと3〜7日・遅い場合は1週間以上かかる

結果の連絡があるまでの日数は、企業によってその判断の時間が異なるため、正確な日数は決まっていないといえます。
早い企業の場合は翌日には結果の連絡がありますし、遅い企業の場合は1週間以上かかることもあるようですが、平均的に見た場合には3〜7日くらいで結果が出ることが多いようです。
そのため2週間経っても未だに連絡が無いと言うのは明らかにおかしいですから、その場合には企業へ問わわ背をしてみることも必要となるでしょう。

最終面接の結果は連絡方法によって日数も変動する

最終面接の結果は様々な方法で参加者に伝えられます。
その方法は電話であったりメールであったり、封書で送られてくることもありますから、どうしても結果が分かるまでの日数に差が出てしまうことになります。

●連絡方法がメールや封書の場合は見落としていないかチェックすること!

注意しなければいけないのが最終面接の結果をメールで送られた場合には、メールチェックのし忘れで気づかない倍があること、封書で送られた場合には他の郵便物に紛れ込んでいて到着しているのに気付かないことがあります。
電話の場合は気づかないということはないと思いますが、その他の連絡方法の場合には気づかず日数ばかりが経過していく場合もあるので、必ず気を付けてチェックすることが重要となります。

なかなか最終面接結果の連絡が無い場合の対処法

最終面接の結果が分かるまでの日数は、待つ側からしてみれば非常に精神的にストレスも溜まります。
もし2週間以上の日数が経っても最終面接の結果の連絡が無い場合には、こちらから企業へ最終面接の結果を聞くという手段に出るしかないと言えます。
あまりあってはいけないことなのですが、企業によっては担当者が最終面接の結果を連絡し忘れていたと言うケースが起きている場合も考えられますので、電話やメールで担当者に直接確認を取ることも必要になるでしょう。

●2週間以上の日数が経っても連絡がない場合は企業に電話で問い合わせること!

電話の場合、企業の業務が混雑していない時間帯にかけるように注意が必要です。
仕事の邪魔になる場合がありますし、メールの場合も早朝や夜間に送るのはやはり迷惑です。
マナーを守って確認の連絡をしましょう。

最終面接での結果がわかるまでの日数は企業側の事情や連絡方法によって変動する

最終面接の結果が分かるまでの日数は、合格と不合格で日数が異なっている企業が多いと言えます。
これは採用を決めた人にはまず先に連絡を入れてその後の内定式や内定通知の承諾などの段取りを行う必要があるためだと言われています。
しかし不合格者の場合、その後の段取りがありませんから、合格者よりも後に最終面接の結果を通知する場合が多いようです。

面接の結果連絡が2週間以上ない場合は、不合格になっている可能性もあります。
ですが、企業によっては議論が長引いていて結果がなかなか出ないと言うケースも考えられますので、問い合わせすることをオススメします。