未経験の仕事に応募する際の履歴書のポイント | 新卒就活.com

2015/11/02更新

未経験の仕事に応募する際の履歴書のポイント

未経験の仕事へ就くためには、なかなか高い壁を乗り越えていかないとなりません。
履歴書の時点で良いアピールができないと、面接にすらたどり着けないというのも良くある話です。
そこでここでは、未経験の仕事に応募する際の履歴書のポイントを紹介させて頂きます。

未経験の仕事に応募する際の履歴書の書き方1,興味を持ったきっかけを記す

beach-863538_640
未経験から新しい職種にチャレンジしようと思った際に履歴書に書かないとならないのは、なぜその職種にチャレンジしたいと思ったのかという、その職種に興味を持ったきっかけです。
そのきっかけが分かれば、熱意が分かり、どのくらいこの仕事を続けてくれるのかが分かるようになります。

~長い間興味を持っていたという熱意を示す~

未経験の採用で企業側が嫌なのは、また新しい職種へすぐにチャレンジしようとされることです。
ですから、それがないのだということを履歴書で証明する必要があるのです。
そしてそれを履歴書で証明する方法が、その職に興味を持ったきっかけを示すということです。
長い時間ずっと興味を持っていたのだということが分かれば、直ぐにまたチャンレジされるという心配はなくなるでしょう。

未経験の仕事に応募する際の履歴書の書き方2,今できることをアピールする!

未経験の職種へのチャレンジといっても、今まで自分がやってきたことの中から、何も役に立つことがないということはまずありません。
何かしら自分の経験の中からその仕事に役立つことはあるはずです。
ですから、未経験からのチャレンジであったとしても、履歴書ではそれをアピールしましょう。ただ意欲だけを述べるよりは効果的です。

~過去の経験の中から仕事に活かせるスキルをアピールしよう~

意欲だけ述べても、将来性には期待できるかもしれませんが、今現時点のメリットはありませんよね。学校ではないのですから、それではだめなのです。
たとえ未経験であっても、何かしらのメリットを感じる方でないと、採用したいとは思わないのが企業なのです。
ですから、履歴書では相手のメリットになることをアピールしていく必要があるのです。

未経験の仕事に応募する際の履歴書の書き方3,学んでいる姿勢を示す

また、未経験からのチャレンジでは、履歴書の中で今学んでいる姿勢をアピールするということも大切なことになります。
未経験であるという経験の差を埋めるために工夫していることがあるならそれを記載するのです。
すると熱意も伝わり、先にあげた企業側の不安を益々消してあげられますし、これから戦力になるということも伝わります。
ですから、履歴書にそれを記載するというのはすごく効果的なのです。

~固有名詞を出して具体的にアピールすること!~

そのアピールの仕方としても、固有名詞などを出してなるべく具体的にアピールするようにしていくと良いでしょう。
「○○という教材で、○○について学んでいます。」などと伝えられるとより学んでいる姿勢が伝わりますよね。
具体的に伝えないと嘘だと疑われることもあります。
固有名詞も出して、具体的にどうやって経験の差を埋めようとしているのかをアピールして下さい。

未経験の仕事に応募する際の履歴書は仕事に活かせる能力をアピールしよう!

以上、未経験の仕事に応募する際の履歴書のポイントのご紹介でした。
未経験からのチャンレジでも、これらのポイントさえおさえて履歴書を作れば、しっかりとアピールできて、良い印象を与えることが出来るでしょう。
逆にしっかりこれらをおさえないと戦況は厳しいので、ぜひおさえるようにしていってください。