未経験者が自己PRをする時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/06更新

未経験者が自己PRをする時のポイント

未経験者が自己PRをする時のポイントをお教えします。
未経験者が自己PRをするのは難易度が高いですよね。やる気だけアピールしたとしても、なかなか伝わらないものです。
しかし、ポイントを押さえていれば簡単に自己PRはできるもの。
このページを選考突破のかけ橋にしてくださいね。

未経験歓迎の仕事はスキルに不安を感じる時に役立つ!!

spring-276014_640

就職でもアルバイトでも、仕事を探す時には、どのような職種なのかと共に、どのような人を探しているのか、という事柄もチェックのポイントになるでしょう。

よく挙げられるキーワードに、未経験でもOK、というようなポイントがあります。
これは、仕事を探す際に、自分のスキルに不安を感じている場合に役立つキーワードでもあります。

~未経験者でもどんな人を求めているのかを探ること~

ですが、反対に、自己PRを書く時には、何を書けばよいのかわからなくなってしまう場合もあるかもしれませんね。
自己PRについて悩んだ時には、まず、これらの未経験の人を歓迎している仕事の募集内容から、どのような人を求めているのか、というのを探ってみましょう。

未経験者募集の企業に受かるためのポイントとは

自己PRを書く時にポイントになるのが、自分の良いところや特徴、長所などを、どのようにして相手に伝えるか、ということです。
未経験の人を歓迎している仕事も、未経験だという事のほかに、たくさん知りたい事はあるでしょう。

~自分を伝えるメリットについて具体的に考えて述べること~

自己PRを書く時には、相手が自分について、どのような事を知りたいか、また、自分自身を伝えるメリットなどを具体的に考えてみるのもポイントです。
履歴書を書く時には、仕事を募集している相手の立場に立って、内容を考えてみるのも良いでしょう。
客観的に自分を見つめる事で、思わぬ長所が見えてくる時もあります。

未経験者だとしても別のことで経験を積んでいる場合もある

就活に至るまで、今まで目立った取り組みや、アルバイトなどの仕事をしてこなかった、という場合もあるのではないでしょうか。
ですが、見本として挙げられるような取り組みをしていないからといって、全てにおいて未経験なのではなく、今まで生きてきた中で培われている事もあります。

~今までの行いを反省して自己PRに活かせる経験を探す~

未経験という枠にとらわれてしまわずに、自分が今まで行ってきた事の中から、自己PRに生かせる経験を探してみましょう。

・自分の性格の特徴や長所
・自分にとって成長のきっかけになった出来事や、影響を受けた出来事
・何かに取り組んだ経験

など、今の自分を作るきっかけになったポイントを振り返ってみると、自己PRに生かせる情報を得られる時もあります。

未経験者だとしても自己PRは書き方次第で魅力的になる!!

未経験というキーワードには、関係する立場によって、いろいろな印象の違いもあるでしょう。
自己PRを書く側にとっては、マイナスのイメージにつながってしまう時もあるかもしれません。

しかし、自己PRの書き方次第で、未経験の部分も魅力的な部分に変える事ができます。
自己PRを書くのは、経験の有無を問わず、難しい部分もあります。
今の自分自身に目を向けて、マイナスイメージにとらわれずに、プラスの印象につながる事柄をいろいろ挙げてみましょう。
今までの経験の中では、成功例だけでなく、失敗から学んだ事もポイントです。
今までの人生の中で、様々な経験値から、より良い内容を書いてみましょう。