東京で就活するならシェアハウス?!そのメリットについて | 新卒就活.com

2015/11/10更新

東京で就活するならシェアハウス?!そのメリットについて

東京で就活をするとなると地方の人間は大変な苦労をすることになります。
交通費や宿泊費などの費用面だけでなく、せっかくならば複数社を受けたいと予定がタイトになることも多いものです。
しかし、近年シェアハウスに入って、就活すると言う動きも広まっているのです。

東京で就活するならシェアハウスを使用するメリット1,節約になる

housing-900233_640
通常は地方から上京し、東京で就活をする場合は時間の制限が多くかかります。
親戚などが東京周辺にいる場合は滞在費が浮く場合もありますが、そうでなければ面接が近い日のみ東京に来てホテルなどを使うケースが多くなります。
当然、他の予定を入れれば東京に滞在する時間に比例して費用もかかります。

~往復交通費とホテル代と同じ金額で2ヶ月程度暮らせる!~

また、移動時間も大きな負担となるため、シェアハウスで家賃もシェアしながら就活をすると言う方法が生まれているのです。
シェアハウスであれば、地元からの往復の交通費とホテル代と同じ金額で1~2ヵ月暮らせると言うケースも多く、
東京で就活することに専念することが出来ます。
また、ネット回線が自由に使える場所もあり、利便性が高いケースも多くなっています。

東京で就活するならシェアハウスを使用するメリット2,活発的な情報交換できる

東京で就活をするのに有効なのが、同じ目的の就活生が集まった就活シェアハウスを利用することです。
就職と言う共通目標があるため、コミュニケーション不足で対立する可能性はぐっと減ります。
それぞれのノウハウや、会社で受けた就職試験の情報を交換することも可能です。
また、女性専用のシェアハウスもあるため、男女一緒で暮らすことに不安がある人でも利用しやすいのもポイントです。
共同生活の経験がない人は人に慣れると言う意味でも有効です。

~スケジュール管理が楽になる!~

何よりも、スケジュール管理が圧倒的に楽になります。
東京で就活を行えば、限られた時間でも複数の会社説明会や、採用試験を受けられることが大きなメリットです。
面接の回数が複数回あるような場合も何度も往復する手間が省けるのです。

東京で就活におけるシェアハウスのデメリット

東京で就活するのにメリットが大きいシェアハウスですが、やはり人との共同生活となるため、ストレスがかかる場合もあります。
消灯時間が決まっている所もあればバラバラなところもあり、部屋の仕切りはなく、個人のスペースはカーテンで区切られただけと言ったケースもあります。

~セキュリティ面で問題がある!ある程度の自衛意識が必要~

個人スペースが狭いことや、セキュリティの面で問題を抱えている所も多く、ある程度自衛する意識が重要になります。
しかし、シェアハウスでなければ東京で就活に専念することが難しい人は多く、ある程度助け合いをしなければ続かないと言う意識が皆にあるのも事実です。
なので共通意識がある分、トラブルも話し合いで解決するケースも多いのです。
また自治ルールを決めているシェアハウスも多くあるのも特徴です。
あまり住民になじめない場合は他のシェアハウスを探す手段もあるため、自由度は高いと言えます。

東京で就活をする場合はシェアハウスを利用すると節約になる!

東京で就活をする場合の選択肢が増えています。
特にシェアハウスを利用することで大分節約にはなります。
特に地方からの就活生の負担が少ないのはシェアハウスで、数が増加し、綺麗で新しい場所も増えています。
一方で、個人のスペースが小さいなど、環境に苦痛を感じる人もいるため、自分の適性に合った利用の仕方が重要と言えます。