東京で就職するメリットとデメリット | 新卒就活.com

2016/09/09更新

東京で就職するメリットとデメリット

東京で就職するメリットとデメリットをお教えします。
地方就活生の方は東京で就職するメリットとデメリットについて知りたいのではないでしょうか。
東京で就職することは案外大変なものです。東京で就職するメリット・デメリットを踏まえたうえで就活を始めましょうね。

東京で就職するという事の意味とは

person-832143_1280

日本の首都でもあり世界的にも経済や文化に多大な影響力、発信力を持つ東京で就職したいと希望する就活生もたくさんいます。
東京で就職するということは当然マンションやアパートで暮らすことになりメリットやデメリットが見えてきます。

~東京で就職して働きはじめれば影響力が大きい~

東京出身の方もいますが多くは地方から上京してきて憧れを抱いた学生さんが多く日本経済を支えている東京で就職したい方が集まっています。
多くの企業が東京に本社を置き東京を中心にアジアを含めた世界経済に大きな影響を及ばす基地局でもあります。

ここでは東京で就職することについてのメリットやデメリットについて考えてみましょう。

東京で就職する事のメリットとは

東京で就職する事で得られるメリットはまず給料の高さです。大手や中小企業など規模は様々ですが地方と比較してみても差は歴然でアルバイトの平均時給にも開きがあります。
また交通の便がよく終電も0時過ぎまでありますし、地下鉄、JR、タクシー、バスなど自家用車が必要ないほどで通勤には公共交通機関が利用されています。

~給料が高い・公共機関が遅くまでやっている・遊ぶところも多い~

商業施設など店舗数も多く休日のレジャーには遊べるテーマパークなどが多くあり東京で就職する事は就活生にとって憧れになっています。
名門の六大学をはじめ予備校、専門学校、その他の大学も多く若い方が住みやすい場所でもあります。

東京で就職する事のデメリットとは

東京で就職する事にはデメリットもあり東京ならではの問題があります。まず人口密度が高いため朝の通勤ラッシュ時には一苦労しますし、治安の問題や空気が汚いなど自然環境が挙げられます。

東京で就職する事には家賃などの価格が高く、物価も高いため収入は多いですが支出も相応にして高くなります。

~災害発生の場合は交通機関が止まり帰宅困難になる・自然環境が悪い~

災害が発生した時は電車などが全て止まりますので都市機能は麻痺し帰宅することさえ困難になります。
利便性や暮らしやすさが売りの人気の街は東京の中でも幾つかに絞られます。が、見渡す限りの幾何学的な高層ビル群ですので地方出身者の中には脱サラして地方に戻る方やUターンして地元で就職する方も多く居ます。

東京で就職する時はメリットとデメリットを踏まえて検討すること

就活生の皆さんの中には東京で就職したいと思っている方も多くいますが、一度は東京で就職してみる事をお勧めします。
それは東京で就職する事によりコミュニケーションや働く事とは何かの本来の意味をどこよりも理解できるからです。

情報が渦巻く大都会東京でしか感じえない事も多く人の波に揉まれる事によって人生経験を重ね仕事に対する向き合い方、考え方にも変化が生まれてきます。
また東京で就職することにより優越感も得られますし地方に戻って就職する場合でも東京で就職したという経験は自分を大きく成長させ変え難い財産となるからです。