正社員募集の面接で着るべき服装とは | 新卒就活.com

2016/09/01更新

正社員募集の面接で着るべき服装とは

正社員募集の面接で着るべき服装についてご紹介します。
基本的に新卒の場合はリクルートスーツですが、たまに「私服でお越し下さい」
と選考段階で服装を指定してくる企業もあります。これには就活生も頭を悩ませてしまいますよね……。
そういった場合、どんな服装が適しているか順を追って説明していきましょう。

私服指定の場合はスーツはNG!!

businessman-676357_640
私服面接の場合、どのような服を着ればいいか迷うかと思いますが、正社員募集において「私服で来てください」と言われた場合は非常に迷うと思います。しかし正社員募集であるのにスーツではなく私服でという指示がある場合、これには会社側の意図もあるので、「どんな服装で行けば良いかわからないから、無難にスーツを着ていこう」というのはNG。

●私服指定はには会社の意図がある!スーツは厳禁!!

「指示を無視した」あるいは「選べなくてスーツで来た」と考えられ、マイナスイメージをもたれてしまいます。
このような面接では、応募者のセンスや趣味を服装で判断しようという意図が含まれている場合が多いので、スーツはむしろ無難ではありません。
会社や業界の雰囲気にあわせて、自分で選ばなくてはいけません。

面接官は私服の何を見ているのか

アパレル関係は勿論、事務職などにおいても私服のセンスでパーソナリティをチェックしようという企業は意外と多いです。
アパレル関係の場合はお洒落である事も重要ですが、そうでない場合は服装がいかにお洒落かという事ではなく、ビジネスシーンに向いた服装を選べるか、異常に目立つような趣味をしていないかなどを見ています。

●ビジネスシーンを考えた服装選びを心がける!

正社員であったとしても、勤務中は私服という会社においては、その服装のままで外部の人間とコンタクトをとるわけですから、私服勤務=どんな格好でもいいということではありません。少なくともこうした正社員面接では、第一印象が服装できまるといっても過言ではないので、面接向きの私服を別途用意するというのも良いでしょう。

面接ではビジネスカジュアルが一番無難

一般的な企業の正社員面接で「私服でお越しください」といわれたら、一番無難なのはビジネスカジュアルです。
服装の選択であなたの人柄やセンスを見ているという事は、清潔感のない恰好や、若々しすぎる格好などは駄目です。
白いカットソーにジャケット、それにスラックスやチノパンを合わせるといった形が最も定番ではないでしょうか。

●ジーンズはNG!!若すぎず清潔感のある印象をつくること

注意したい事としてジーンズを履いていくと面接で落とされる可能性があるので注意しましょう。目立たないブラックデニムなどなら良いかもしれませんが、青々としたジーンズはビジネス向きとはいえないので、このような正社員面接における服装としては好ましくありません。ビジネスカジュアル向きの服装を持っていないので、面接用に服を購入しようと考えている場合、迷ったら洋服屋の店員にそのままの意図を相談して選んでもらうのも良いかもしれませんが、失敗してもショップ店員のせいには出来ませんので、自分で選んだ方が良いでしょう。

正社員募集の面接で着るべき服装とはスールが無難!

私服指定の場合はオフィスカジュアルを意識しましょう。
まず初めに言って、Tシャツや奇抜な柄モノ、デニムやレザー系はアウトだと思ってください。帽子やスニーカーなども当然アウトです。
これらの服装は私服での面接においてNGといえる選択肢です。
夏場であれば、ポロシャツにスラックスで良いのかなと思う男性も多いかもしれませんが、このような正社員面接ではできればジャケットを着用して行きたいところ。
加えて靴も一般的な革靴であったほうが好ましいです。
この革靴の選択においても、妙に先がとがったものや、デザイン的すぎる靴は選ばない方が良いでしょう。
たとえばその会社の正社員がデニム姿であったり、奇抜な恰好をしていたとしても、採用後はともかくとして、面接では同じような服装で良いとは思わないことが大事です。ビジネスカジュアルの基本は、清潔感とどこにでも通じる無難さだと考えておきましょう。