「地元に貢献したい」は不採用!?受かる志望動機の作り方 | 新卒就活.com

2017/09/11更新

「地元に貢献したい」は不採用!?受かる志望動機の作り方

志望動機のなかには、多くの学生がアピールする定番のものがあります。
企業が自社のホームページやナビサイトなどで公開しているインタビューなどでも似たようなフレーズが多いため、多くの就活生が「こういうこと言えば良いんだ」と誤解してしまうことも多い気がします。
今回は定番の「貢献していきたい」というNG志望動機を例に、注意すべきポイントを押さえておきたいと思います。

志望動機作成時の注意点1.「地元に貢献したい」はNG

woman-918603_960_720
よくある1つが就職活動の面接で、「地元に貢献したい」というケースです。
大学進学で都心に出てきた就職活動生に多い志望動機です。地方企業の採用ホームページなどを見ていると、先輩社員や内定者紹介などでも「地元に貢献したかった」といった文言が多く見られます。
また企業自身も「地元貢献」を強く打ち出していることが多いです。そのため、これをそのまま志望動機としてアピールする就活生は非常に多いです。
ですが、もちろん単純に「地元に貢献したい」とアピールしても、選考は通過できません。ざっと挙げるだけでも、就職活動生に対し、次のような質問が飛んでくると思います。

  • なんで地元に貢献したいの?
  • あなたの言う地元貢に献って具体的にどんなことするの?
  • じゃあ、いまの地元の課題って何だと思う?
  • 転勤はしたくない?

大抵の就職活動生が「どういった形で地元に貢献したいのか?」を明確に語ることができずに落ちていきます。「地元に貢献したい」を理由にする場合には、最低でも上記3点くらいは就職活動語って欲しいです。

【伊藤忠、MUFG、ANAなど】大手内定者の志望動機、全部集めてみた。

PR

志望動機は企業ごとに毎回作り直さないといけないため、就活準備の中でも特に時間がかかります。とはいえ、じっくり時間をかけて作ったからといって良い志望動機になるわけではないので注意が必要です。

大切なのは人事が見るポイントをおさえること。

キャリアパークでは人気の企業内定者の最新の志望動機を集めました。もちろんただ集めただけではありません、解説もついています!是非チェックしてみてください。

志望動機作成時の注意点2. 地元愛だけでは不十分、具体的な貢献のプランを

roses-690085_960_720
大前提として、企業が就活生に求めるアピールは2つあることを押さえておきましょう。

  • 企業に貢献できる能力があること
  • 企業の価値観・社風と自分が合っていること

この2点を意識して、就職活動生は、以下を読んでください。

まず「地元に貢献したい」だけでは抽象的すぎて、志望動機として弱すぎます。
また、よくあるパターンとして、地元愛を熱く語って「だから地元に恩返ししたいんです」という就職活動生がいますが、これも同じ理由でNGです。
就職活動に熱意があるのは大切ですが、具体的に「企業の成長にどうやって貢献してくれるのか?」を示せなければ採用には至りません。
企業が教えて欲しいのは、“具体的にどう貢献したいのか、それによって自社にどう貢献できるのか”です。

~志望動機に必要なのは具体的な地元貢献のプラン~

「自分はなぜ地元に貢献したいのか?」
「自分はどういった形での貢献をしたいのか?」
つまり、まず自分が「地元でやりたいこと」が、応募先企業の仕事内容と合致していることが必要です。加えて、その企業と自分の価値観や適性がマッチしていることが必要です。

たとえば、以下に一例を挙げてみます。
まず、自分がやりたいことの方向性(=業界)が見えてきたら、地元の同業界内において課題となっていることは何かを掴みましょう。
当然、地元ではその課題の解決が模索されているわけです。その課題の解決に向けて動きたいと考えている企業があるなら、そこが自分にとって向いている企業であると言えます。あとは、その解決のために何が必要なのか「解決策」を自分なりに考え、そこに自分がどう貢献できるのかアピールすれば良いでしょう。
仮にそうした企業がなくとも、企業に「こういうことが今後は必要だと思います」と売りこめば大丈夫です。当然、企業担当者レベルから見れば穴はありますが、踏むべきステップを踏んでいるので十分評価してもらえるでしょう。

地元企業志望者の大半は「地元に貢献したい」「恩返ししたい」という思いを持っているため、単にそれだけアピールしても採用担当者の印象には残りません。
そこから一歩抜け出すために必要なのが「自分が考える地元の課題」「解決策」「解決策を実行する上で自分がどう貢献できるのか」です。

ここで気をつけておいて頂きたいのは、「解決策」は「企業の仕事内容・事業内容」「企業の今後の戦略」と同じベクトルを向いていることです。どれだけ素晴らしい解決策や貢献のプランを提示できても、それが「企業の求める人物像」と合致しなければ採用担当者には響きません。「それがやりたいなら、ほかの●●って会社に行った方がいいんじゃない?」となってしまいます。

志望動機作成時の注意点3. 転勤も視野に入れておくこと

binoculars-100590_960_720
余談ですが、地元密着の企業でも転勤があるところも当然あります。あまりに地元愛を全面に押し出したアピールでは「この子、転勤とかに抵抗ありそうだな・・・」と、マイナスの印象を持たれてしまいかねません。地元貢献のアピールは「地元愛」よりも「地元への具体的な貢献のプラン」で訴えるようにしましょう。

志望動機「地元に貢献したい」はNG!企業に貢献できる人材であることをアピール

志望動機「地元に貢献したい」がNGの理由と対策をまとめました。
単純に地元愛をアピールするだけでは、残念ながら不十分です。基本となる「企業に貢献できる人材であること」「企業の価値観・社風に合っていること」の2点を意識しておきましょう。
その上で、自分なりの地元貢献のプランをアピールしましょう。