無い内定の学生の特徴と打開策まとめ | 新卒就活.com

2016/09/06更新

無い内定の学生の特徴と打開策まとめ

無い内定の学生の特徴にはどのようなものがあるでしょうか。
無い内定を打開するためのポイントをまとめました。無い内定の状態が続くとなかなか辛いものがありますよね。
第一志望の会社に内定を得るためにも、ぜひ、打開策については押さえておきましょう。就活生必見です。

無い内定の学生の特徴とは

OZP88_orenokizugauzukuze500

無い内定とは、就職活動を長く続けているにもかかわらず、1社も内定を取れていないという状況です。
このような学生の特徴としては、
・アルバイトや部活・サークルのをどちらもしておらず授業にも消極的で面接で話す内容がない。
・自分の思い込みが激しくて業界や会社に対してイメージで就職活動をしており経験値が低いか高望みしている。
・緊張してまったく上手く話すことができない

など、面接するにあたっての基本的な能力が不足し、自分の経験をうまく言語化できない自己分析不足など原因はさまざまなです。
無い内定の学生の特徴としてはそのいずれかないし複合的な要因が挙げられます。

無い内定になった場合の打開策とは?

就職活動にあたっては、経験がものをいう部分もあります。
面接が初めての学生と何度か行っている学生の間には振る舞いについて大きな差があります。
無い内定の学生は、自分の生きたい企業しか受けない人も多いのが特徴です。

~業界や会社に関わらず様々な経験を身につけておくこと~

しかし、集団面接などでも歴然とした差が付きます。
ですので、業界や会社にかかわらずさまざまな経験をつけておくことが必要です。
さらに、自分の経験値が少ないということも無い内定の学生の特徴です。しっかりと様々な活動を振り返り、それでも経験がない場合はインターンシップやボランティア、アルバイトを始めたりゼミを積極的にするなど何かいえることを作るという方法もあります。

無い内定の学生でも就浪せず社会に出るのが大事

基本的な面接の能力がなかったり、どのように対策しても就職活動がうまくいかないのも無い内定の学生の特徴です。
もちろん、無い内定の特徴を生かし打開していくことも一つの方策ですが、無理に就職活動に合わせる必要もありません。

~視野を広げるためにも社会に出てさまざまな経験を積もう~

世の中には、フリーターから社員になったり、資格取得をして働いたり、公務員受験をするという方法もあります。
ですので、すべての社会人が大学からストレートで新卒就職したというわけでもありません。
悲観的になるとますます状況が深刻化し、内定をもらえなくなりますのでたくさんの社会人の著書を読むなど視野を広げることも必要です。

無い内定の学生は経験を積んで面接に挑む!!就浪せずまずは社会に出よう

無い内定の学生は、おもに経験が欠如しているために面接で話す事がなく、採用担当者にアピールできないという上京が多いです。
無い内定とは何も特殊な状況ではありません。

能力が優れていても、自分と合わない業界や会社を受け続けていれば、内定をもらえないということも考えられます。まずは悲観的に考えないことが大切です。

悲観的にならずに、就職活動を休んでみて自分の世界を広げたり、場合によってはまずは社会に出てみる、ということを考えてから就職活動をするかどうかについても見直すことで、よい結果に向かいます。