無い内定を避けるために必要なこととは | 新卒就活.com

2016/08/29更新

無い内定を避けるために必要なこととは

無い内定を避けるために必要なこととは何でしょうか。無い内定を解消するためにはどうしたら良いのでしょうか。今、無い内定の人も今後の就職活動が不安な人も、この記事を参考にしてください。そして、内定を獲得しましょうね。ぜひ、無い内定の状態を脱出しましょう。

内々定ならいいけれど無い内定は避けたい

human-743565_1280

企業の採用試験をいくら受けても内定どころか内々定も貰えない状態、「無い内定」は誰もが避けたい状況だと言えます。就活生の間では「NNT」などと呼ばれ危惧されている無い内定の状態ですが、何故内定が貰えないのかを考えないと何時まで経っても内定が貰えない状況が続くことになります。

基本的に「無い内定」と呼ばれる状況に陥る人は、似たような就活を行っている場合が多いため無い内定同士で話をしていると自分の就活のどこが間違っているのかに気付けない場合が多いと言えます。そのため自分の就活の状況を客観的にみていく必要があると言えるでしょう。

◆無い内定に陥る原因には2パターンある!!◆

就活を行う上で無い内定に陥る場合その原因は2通りのパターンが考えられます。一つは自分ではどうすることも出来ない原因、もう一つは自分で何とかできる原因です。

どうすることも出来ない原因というのは、例えば企業が学歴フィルターを導入していてその学歴に見合うだけの学歴が無い場合や、そもそも就職率が非常に低下していてなかなか求人自体が見つからない場合です。

この場合、学歴フィルターを導入している企業へは学歴を無視しても企業が採用したいと思わせるほどの能力が必要になりますし、就職率が低下している場合は社会的な景気が回復して企業が採用者数を増やせるようになるまで個人ではどうしようも出来ない事例だと言えます。

しかしもう一つの自分で何とかできる原因に関しては、考え方を変えたりするだけで無い内定から脱することが可能となります。”

無い内定を脱出するために解消すべき原因とは?

無い内定状態から脱するために必要なのは、無い内定状態が続いている原因を把握することにあります。

無い内定状態が自分で何とかできる原因の場合、それは就活のやり方自体が間違っている場合が多いと言えます。就活生が陥り易い就活のケースとして、大企業や有名企業ばかりにエントリーして無い内定が続いていると言うケースが非常に多く見受けられます。

これは大企業病とも呼ばれる典型的なケースで、就職するなら大企業だけといった偏った就活を行った結果、内定が一つも貰えないということになってしまいます。
この場合、大企業だけでなくそれ以外の企業にも目を向けて就活を行うことで、内定がすんなりと決まる場合もあるため、広い目で就職したい業界をみて、今まで興味を抱かなかった企業うのこともチェックしてみると良いでしょう。

◆無い内定を脱出するためには就活の業界選びも重要!!!◆

無い内定が続いている場合、選んだ業界の状況があまり芳しくないといった理由も考えられます。業界自体が景気が低迷している場合、求人募集も少なくなりますし求人数も大幅に削減されている可能性があります。

そういった状況の業界で就活を行う場合、如何しても内定がなかなか取れない無い内定になり易いと言えます。

その為就活を始める前にその業界がこれからどのように推移していくのか、就活した場合に内定が出やすいのか否かをリサーチして就活を始める必要もあるでしょう。もし内定が出難くこの先の業界に伸びが感じられない場合は、きっぱりと違う業界を選択することも必要となるのではないでしょうか。

無い内定を避けるために必要なこととは業界研究と原因の把握!!

無い内定を避けるために必要なこととは業界研究と原因の把握です。

無い内定のまま過ごしている就活生は、ぜひ、業界研究と原因の把握を行い、今後の就活に役立てましょう。