無内定で卒業した人が就職するために必要な心構え | 新卒就活.com

2016/08/04更新

無内定で卒業した人が就職するために必要な心構え

無内定で卒業した人が就職するために必要な心構えについてご紹介します。
無内定で卒業すれば、就職が厳しいと言われたのは今や昔の話です。
現在は既卒者や就職者でも3年以内であれば第二新卒と言う枠組みになり、選択肢が大幅に増えています。
企業も雇用に積極的で、卒業したからと絶望する必要性はないのです。

無内定で卒業する人は去年より多い??

1024-cc-library010006665

就職活動の一斉解禁が後ずれしたのは企業にとって大きな悩みです。
学生は学業に専念するべきと言う理由で、政府提言から就職時期がずれ込みましたが、短い期間で採用を決めるのは企業にとっても難しいことです。
そのため、結果として採用のチャンスを逃してしまう事に繋がりかねず、今後も無内定で卒業する人はそれなりの数に上るとみられています。

~選考解禁日が後ろ倒しになった影響がある~

また、実際に採用しても短期で離職する人が一定数いることを考えれば、常に新人が欲しい状況に変わりはなくなるのです。
そのため卒業をすれば別のチャンスがあると想定し、新たに備えることが重要です。
無内定であったことには何か理由があるはずのため、その課題の洗い出しが必要です。
やむを得ない事情があったのであれば追い上げる気迫が重要となります。

無内定で卒業する人が知るべきこと1,中途採用と第二新卒の違い

第二新卒は学校を卒業した直後の人間を含むため、特別な経験などを要求されず、新卒とほぼ変わらない扱いとなります。
一方、中途採用の場合は、社会経験がある前提での採用となるため、基本的なビジネスマナーの研修などがない場合が多く、ある程度の実務経験などを要求される場合もあります。
中途採用の採用枠が多い場合もありますが、実際の経験があまりない中で中途採用の企業を選ぶと、面接などの難易度が高い場合があるため注意が必要です。

~第二新卒の場合は経験よりやる気重視で採用される場合が多い~

無内定で卒業した場合は第二新卒枠での応募を検討するのが妥当です。
一方で、志望企業が中途採用枠しかない場合は、挑んでみるのも一つの方法です。
経験ではなくやる気で採用されることもあるため、無内定で社会経験がない場合でも試してみる価値はあるのです。

無内定で卒業する人が知るべきこと2,セミナーに参加するメリット

無内定で卒業した場合に現実的になるのが、ビジネススクールなどで有料のセミナーなどを受ける方法です。
無内定であった以上は、自分に何らかの課題があることを自覚すべきです。
もちろん、体調などやむを得ない事情でそのまま卒業する場合もありますが、やはり、何かを見に着ける努力は必要と言えます。

~セミナーに通うこと=向上心が高い=強みになる~

ビジネススクールに通うことは、そのまま経歴書などのアピールポイントとしてかけることや、就職活動や面接対策でのポイントも知ることが出来るため、効率が良いと言えます。
有料でのセミナーが難しい場合は、無料での通信講座を受講するだけでも変わります。
向学心が強いことは大きな武器となるため、常に課題を見つけ、取り組むことが就職に役立つのです。

無内定で卒業しても意欲さえあれば第二新卒として就職できる時代

無内定で卒業しても、第二新卒の枠があることから就職の幅が広がったと言えます
以前は卒業してしまえば全ての人が中途採用枠の扱いだったため、就職のハードルが非常に高かったのです。
企業も人材確保が難しい時代になっているため、これもチャンスと思って、果敢にチャレンジすることが就職への道に繋がるのです。