理系学生が絶対にすべき自己PRの仕方 | 新卒就活.com

2016/01/08更新

理系学生が絶対にすべき自己PRの仕方

理系の方というのは文系の方とは違い、研究内容などで自己PRをすることもありますよね。
でもだからこそ、理系の方が自己PRをする際には、それ特有のポイントが存在するものなのです。
そこでここでは、理系の方が自己PRをする際のポイントを紹介していきます。

理系の学生の自己PRの仕方1,誰にでも分かる言葉で書く

medicine-848503_960_720

理系の方が自己PRをする際の最初のポイントは、誰にでも分かるような言葉で書くようにするということです。
専門用語の羅列で、それに精通している人でないと何を言っているのかわからないといことばかり書いていたのでは、なんの自己PRにもなりません。
それどころか、相手のことを考えられない人物と思われ、自己PRを通して印象が悪くなることすらあるでしょう。

●理系でない人に一度読んでもらうのがポイント!

ですからそうならないように、なるべく分かりやすい言葉で自己PRを書く必要があるのです。
一度理系でない方に、自分が書いた自己PRを読んでもらうと良いでしょう。
するとどこで分かりづらい言葉を使っているのか判断することが可能です。そうして誰でも理解できる自己PRを目指しましょう。

理系の学生の自己PRの仕方2,研究一辺倒にならない

たとえば志望動機やその他のことで、研究のことを記載していたのであれば、自己PRでは研究のことは書かない方が良いです。
理系のアピールポイントと言えばやはり研究からくるとは思いますが、その他の欄で研究にふれているのであれば、自己PRでもそこに触れるのはしつこくなります。
他に何もしていなかったのか、と不安に思われてしまうことでしょう。

●サークルやアルバイトの経験を書くこと!

ですから、その場合は理系の方でも自己PRにはサークルやアルバイトの経験を書くようにしてください。
そこでありきたりな経験しかないとしても、その方が良いです。
もしどうしても弱いのであれば、サークルやアルバイトと研究での話をうまく織り交ぜて、両方でアピールポイントが発揮されたというエピソードにすると良いでしょう。

理系の学生の自己PRの仕方3,論理的思考能力をアピールする

理系の方の自己PRでは、論理的思考能力をアピールしていくと、印象が良くなります。
それはアピールポイントとして大々的に自己PRするのも良いですし、そうではなく自己PRのエピソード内などでさりげなくアピールするのも良いでしょう。

●原因の追究と改善の力をアピールすると効果的!

それをアピールするためには具体的には、原因の追究とそれを改善するためには何をすべきかということが考えられるということをアピールしていく必要があります。
それは意外とアピールしやすいので、研究とでもアルバイトでも上手く絡めてアピールすると良いでしょう。そうして理系ならではの論理的思考能力を自己PRしていってください。

理系の学生が自己PRする際は研究一辺倒にならないようアルバイトなどの経験も書く必要がある

以上、理系の方が自己PRをする際のポイントのご紹介でした。
理系の方が自己PRをする際には、せひこれらのことを参考にしてみてください。
うまくアピールすれば間違いなく理系の方は引く手あまたですから、こうしてうまく自己PRしていきましょう。