産休中のボーナスが減額される理由 | 新卒就活.com

2015/12/16更新

産休中のボーナスが減額される理由

産休中のボーナスは一体どうなるのか、女性なら誰でも気になりますよね。
産休をとっている間の査定はどのようになるのかも疑問に思います。
実際のところは会社によって判断は異なるものですが、産休中のボーナス査定の一般的な考え方を理解しておくのは大切です。
以下で産休中のボーナスに関して見ていきましょう。

産休でのボーナスカットはあり得る

pregnancy-775041_960_720
産休は欠勤扱いしてはならないと定められています。
そのために、ボーナスにおいても減額する理由がないと判断されることになります。
けれども現実には、多くの企業では不就労として査定することにより、ボーナスの金額はある程度減額されることになります。
また、そうでなければ働いている社員と、産休とは言え休んでいる社員の間に不公平感が生まれるという複雑な事情があります。

●企業によっては他の社員を考慮してボーナスが減額になる場合もある

ボーナスはそもそも、業績に対する貢献度を反映させたものとなります。
つまり、産休によって業績に直接貢献できない期間に関しては、査定を下げることが妥当と判断されるわけです。
そうでなければ、産休を取らない人に対してのモチベーションを下げることにもつながります。

産休中でも必ず支給されるボーナス

産休を取っている間は、欠勤にはなりませんが給料も発生しないことになります。
これが不就労期間と認定されることにより、ボーナスの査定において処理されることになるわけです。
ただし、従業員としての保障も必要となるので、ボーナスは丸ごとなくなるケースはあまりありません。

●産休中でも全員に対して一律した利益を分配するボーナスがある

ボーナスは業績に対しての成果が全てではないものです。
ある程度は全員に対して一律同じように、利益の分配として発生するボーナスの金額があります。
その分のボーナスに関しては産休を取っていても等しく支給されることになります。
また、この分配金に対して個人の貢献度の比率は仕事に対する責務が重くなるほどに高まる傾向があります。

業種によって異なる産休の扱い方

実際には産休に対するボーナスの扱いは業種によっても異なるものです。
例えば看護士や薬剤師といった産休後の復帰がしやすい環境となる業種では、ボーナスの減額も少ない傾向があります。
また、女性が多い職場でもその傾向は見られます。
この点においてはそれぞれの会社の判断に任されることになります。

●社員のモチベーションも考慮しつつ産休が不利益とならないよう配慮されている

少子高齢化が進む現在、仕事をする環境も刻々と変わってきています。
産休に対する考え方も、女性が働きやすい職場環境を目指すために変わりつつあります。
そのために、査定に関しても減額についても、他の従業員のモチベーションも考慮しつつ産休を取ることで不利益とならないよう配慮するようになってきています。

産休期間の査定を下げることでボーナスが減額される傾向がある

このように、基本的には多くの企業で産休期間の査定を下げることにより、ボーナスは減額されることがわかります。
けれども女性にとっての働きやすい職場環境を目指して、その考え方も変わりつつあります。
職種によってはそれほど減額されないところも見られるものです。

☆ ★ ☆ ★ ☆
合わせて読みたい!!
夏と冬のボーナスはいつ支給されるかについて
警察官に支給されるボーナスの違い【国家・地方別】
俸制はボーナスを含む?給与制度の種類

【完全保存版】就活の面接でよく聞かれる質問を100個まとめてみました。
☆ ★ ☆ ★ ☆