留年経験のある就活生の返り咲き!内定率がUPする3つの方法 | 新卒就活.com

2016/08/22更新

留年経験のある就活生の返り咲き!内定率がUPする3つの方法

留年してしまうとその後の人生お先真っ暗というイメージですが、悔い改めて行動していたのであれば就職活動でもそれなりに評価してもらえます。しかし、伝え方ひとつで面接官の受け取り方が変わってしまうので、細心の注意を払う必要があると言えます。では、どのような点に気をつけて面接に臨めばいいのでしょうか。
今回は、留年経験のある就活生が内定を勝ち取るための方法をご紹介します。

面接で留年の理由は聞かれるので覚悟しておく

留年経験のある就活生はここを気をつけろ!
就活生の中には、留年した経験をお持ちの方もいるかと思います。斯く言うこの記事を書いている筆者も、1年留年した中で就活を行いました。
人によっては「留年したことがマイナスになるんじゃ……」と不安に思うかもしれません。ですが結論、留年した経験は就活において、ほぼマイナスにはなりません。実際筆者も1留で行った就活で世間が言う所の「大手企業」から幾つか内定を頂くことができました。

ですが、単に留年を留年で片づけてしまうと、それは決定的なマイナスになりかねません。留年をマイナス要因にしないためには、それなりの準備が必要です。今回はその辺りについてお伝えできればと思います。

気をつけて頂きたいのは、「留年した理由」の伝え方です。極論これさえ押さえておけば、留年という壁は怖くありません。
少々余談混じりですが、留年理由は就活でそこまで問われません。尋ねてくる面接官はほぼいませんし、ESにはそもそも記入欄自体ありません。企業からしても、1留くらいでしたら「普通にいる」と認識されます。たとえば2人の就活生の評価が余程拮抗していて判断材料が欲しい等の場合でもない限り、目を向けられることは少ないです。