社内報で内定先に自己PRをする時のポイント | 新卒就活.com

2016/09/09更新

社内報で内定先に自己PRをする時のポイント

社内報で内定先に自己PRをする時のポイントをお教えします。
内定先から研修などでよく社内報を作ってほしいと言われることが多いでしょう。そこは絶好の自己PRの場です。
社内報で内定先に自己PRをする時のポイントをまとめました。勤めるようになってからライバルに一歩差をつけましょう。

内定先から社内報の作成を命じられることがある!?

document-428334_1280

苦労して一歩ずつトライした就職活動。そして、難関をクリアし、憧れ企業からの内定を無事ゲット。
喜んでいるのも、つかの間。内定先の企業から、社内報に載せる自己PR文をつくるように頼まれることがあります。たかが社内報の自己PR、されど自己PR。
新しい社会人の一人として、会社の空気を読んだ、的確なアピール法が大切です。

~学生気分が抜けない文章では新人挨拶の場も台無しになる~

独りよがりなもの、意味不明なものを羅列したもの、学生気分がぬけない文章では、せっかくの新人挨拶の場も台無しになってしまいます。

新入社員として、スマートに先輩社員の仲間入りができるように、ちょっとした心がけやワンポイントテクニックを知っておきましょう。

内定先の社内報を書く上でのNGポイントとは

就活時代の自己PRと違い、社内報での自己PRは「何のために読まれるものか」考えて執筆をおこなうコトが大切です。
多くの経験やスキルを積んだ先輩スタッフにとっては「どんな新人社員が入社してくるのか」とっても興味深いところ。

~自慢話・恋愛話はNG!!謙虚さをアピール~

経験豊かな先輩スタッフや上司になるスタッフが読むことを考えて「ゼロからスタートする謙虚さ」をしっかりアピールすることが大切です。
やる気があるのはイイものの、ありもしない事実や実績を並べただけのもの、学生時代の自慢話、個人的な恋愛話などは社内報にはご法度です。
これから一緒に仕事をしていくスタッフの人が読むことを想定して、マジメな態度で記述をおこなっていきましょう。

内定先の社内報では出社への意欲を書こう

社内報での自己PR、新人としては初めての難題、ドキドキ不安にかられるものです。「社内報の自己PR、何を書くべきか全然わからない」といった場合は、出身地や大学での専攻内容、ゼミの研究テーマ、休日の過ごし方…などを書くとよいと思います。
また「どんなことが得意でどんなことが苦手か」「新しい仕事への意欲や決意」など明記しておくことも、より好感度を与えやすい社内報の自己PRにつながります。

~上から目線・自意識過剰・意味不明なものはNG~

どんな内容を書くにせよ、上から目線のもの、自信過剰なもの、意味不明な文章を並べたものは、あまりオススメできません。
謙虚でスマートな目線で、丁寧に記述をおこなっておくこと。シンプルで分かりやすいワードをあえて選ぶことが、好感度の高い自己紹介文になります。

内定先の社内報は「はじめまして」アピールできる最強ツール

内定先から社内報の自己PRへの依頼。「社内報の自己PRだから、失敗ができない、どうしよう」イライラ不安にかられるものです。
自己PRをたとえ失敗したからといって、内定が取り消しになるコトはありません。肩のチカラをぬいて、取り組むことも大切です。

社会人としてのマナーや気持ちを忘れずに、謙虚なココロで描くことが成功のヒケツにつながります。先輩社員や上司、役員にも自分という存在をアピールできる絶好のチャンス、好感度の高い「はじめまして」を実現させてくださいね。