第二新卒が履歴書を書く時に意識すべきポイント | 新卒就活.com

2015/12/03更新

第二新卒が履歴書を書く時に意識すべきポイント

第二新卒で就職活動をする際に、新卒時と同様に履歴書の提出を求められる場合があります。
ですが、新卒の時とは違って、第二新卒だからこその書き方というものがあります。
ここでは、第二新卒独自の目線から、履歴書に関するあれこれを徹底的に解説していきたいと思います。

第二新卒が履歴書に書く内容とは?

pen-956471_960_720
では、第二新卒が履歴書を書く場合、どのような内容に気を付けて書けばよいのでしょうか。

●履歴書に書くべき資格

基本事項については新卒時に書いたものと同じです。
もし、前職の経験で資格を取っているのであれば、それも履歴書に記載しておきましょう。
簿記やトイックなど、自分のスキルを示す資格に関しては企業から評価される傾向にあります。
また、評価されるかどうかわからない資格であっても、どのように話が広がるかわからないので必ず記載しておくようにしておきましょう。

●第二新卒として就職活動する理由

最後に、志望理由や前職の退職理由について、しっかりとした内容を準備しておきましょう。
採用担当者が気になる点として、なぜ前職を短期間でやめたのかということです。
採用担当者としては、「また早期退職をするのではないか」と不安に思うのも無理はありません。
聞かれた際に堂々と答えられるよう、準備をしておきましょう。

第二新卒が履歴書を書く際の注意点

まずは、第二新卒が履歴書を書くにあたっての注意点をみていきましょう。
第二新卒が書く履歴書で一番大切なのは、経歴の部分です。
年月に間違いがないよう、また前職の会社にいつ入社し、そしていつ退職したのかが分かるように、はっきりと示して下さい。
第二新卒は厳密に新卒から何年以内という決まりはありませんが、ポテンシャル採用であるため、やはりあまり月日はたっていない方が好まれるようです。

●入社・退社した日を明確に記入する

また、第二新卒であっても履歴書を書くにあたっての注意点はそれほど変わりありません。
まずは丁寧に見やすく、パッと見た印象がきれいであることが重要になります。

●書き損じても修正液を使用するのはNG!

手書きで書く場合には、間違えないように注意することも大切です。
もし間違えてしまった場合は、修正液を使うのではなく、全部書き直すというようにしてください。

履歴書の書き方で重要なポイント

ところで、履歴書は手書きで書くべきなのか、パソコンで作成してもよいのかという議論がありますが、その点に関しても確認しておきましょう。

●転職の世界では手書きが主流

結論から言うと、手書きの方が無難、です。
転職の世界ではいまだに根強く、手書きで履歴書を書くという文化が残っています。
また、採用担当者の中にも手書きの履歴書を好む人がいるのも事実です。
第二新卒の場合は手書きでなければならないというルールがあるわけではありませんが、あくまでも印象の問題です。
最後は採用担当者の判断で就職が決まるわけですから、手書きで書いておいた方がよいでしょう。

●手書きで丁寧に書くことで誠実さをアピールできる!

また、第二新卒の手書きの履歴書に関してはその人の人柄を表すといいます。
上手な字である必要は決してなく、自分にできる最大限の丁寧な字で書くことで、その企業に対する誠実さが伝わるのです。
こういった理由もあり、中堅以上の社会人の方々は手書きの履歴書を好む場合が多いのです。

第二新卒の履歴書は手書きで作成して誠意と熱意をアピールしよう!

第二新卒の就職の中で、履歴書はあくまでも履歴書であり、それ自体が採用の合否を決めるものではありません。しかし、手書きで書かれた文字からは、誠意と熱意が見て取れるのです。心を込めて丁寧に履歴書を書くことで、気持ちを伝え、採用を勝ち取りましょう。