第二新卒が採用を勝ち取るためのコツとは | 新卒就活.com

2015/11/11更新

第二新卒が採用を勝ち取るためのコツとは

第二新卒が採用を勝ち取るためのコツについて紹介します。
第二新卒からの採用は、新卒での採用に比べて多少難しいところがあります。
ですから、ある程度のコツを理解して挑まないと、なかなかうまくいかないでしょう。そこでここではそんな第二新卒での採用を勝ち取るためのコツを紹介していきたいと思います。

第二新卒が採用を勝ち取るためのコツ1,前職の経験が活かせる企業を狙う

poppy-641423_640
まず第一条件として、第二新卒での採用を勝ち取るためには、経験をアピールできるところへ行くということがあります。
第二新卒の一番の利点は何でしょう。ある程度の経験があるということです。
それがたとえ数か月の経験であったとしても、それはまぎれもない武器になるのです。
ですから、それをきちんと武器として使えるところへいきましょう。

●まずは前職の経験が活かせそうな同業他社や同職を狙おう!

それがまったく役に立たないようなところでは、武器のない状態で戦場へ乗り込むようなものです。
それでは生き残る可能性は少なくなりますよね。だからこそ、その経験をダイレクトに活かせるところ、具体的には同業の他社、最低でも同じ職種の仕事を狙う必要があるのです。どうしてもそれが嫌ということでもない限りそうすると、第二新卒からの採用も上手く運べるでしょう。

第二新卒が採用を勝ち取るためのコツ2,面接では具体的に答えるよう心掛ける

第二新卒というのは、どうしても具体的な理由がなく退職したり転職したりする人というイメージが付きまといます。
ですからそれを払拭しないと採用されるのは難しいでしょう。
ではどうすればそれを払拭できるようになるでしょうか。
それを払拭するためには、何を聞かれてもなるべく具体的なことを答えるようにすれば良いのです。

●前職と新しい会社の企業研究を再度行うこと!

具体的なことを答えるためには、新しい会社のことを詳しく調べる必要がありますし、改めて前職の事についても調べる必要があります。
さらに具体的に答えれば答えるほど、「それは前の会社では叶えられないの?」などと相手のツッコミもしやすくなります。
ですから、そうなってもいいように、前職と新しい会社についてきちんと調べておくのです。
第二新卒からの採用を勝ち取るためにはそうしていきましょう。

第二新卒が採用を勝ち取るためのコツ3,強い自己主張を持たない

第二新卒に対して採用が抱く印象として、自己主張が強く扱いづらいという印象があります。
早くに退社しているということからそういうイメージになるのでしょう。
ですから、第二新卒からの採用を叶えるためには、それも払拭していく必要があるのです。
さて、ではどのようにしてそのイメージは払拭していけばよいでしょうか。
このイメージを払拭するには、不平や不満を言わない姿勢を見せればよいのです。

●前職の会社に敬意を払いつつ退職理由を述べること

前職の退職理由を聞かれたり前職の不満を聞かれた際に、例え不満不平が理由があったとしても、前職の会社には敬意を払いつつ答えるようにすれば良いのです。
「前職では○○や○○という素晴らしい経験をさせて頂きましたが、チャレンジしたいことがあり…」というように答えていけば、強い自己主張を感じさせず、良い印象を与えることが出来るようになり、第二新卒からの採用もかないやすくなるでしょう。

第二新卒での採用を勝ち取るためにはポジティブな姿勢をみせること

以上、第二新卒での採用を勝ち取るためのコツのご紹介でした。

●前職の経験が活かせる職場を考える
●今一度、前職と転職先の企業研究先をすること
●前職の会社には敬意を払うこと

最低限これらの3つはおさえておく必要があります。
第二新卒での採用をスムーズに勝ち取るためには、どれも欠かせないことです。
ご紹介した3つにはきっちりと気をつけて、就活に挑むようにしていってください。