第二新卒で外資系への就職を目指す際の心構え | 新卒就活.com

2015/11/09更新

第二新卒で外資系への就職を目指す際の心構え

第二新卒で外資系への就職を目指す際の心構えについてご紹介します。
今の仕事にやりがいは本当にあるでしょうか。 
もし収入に満足していない、または仕事自体にやりがいが無いのであれば目指すは外資系です。 
自分の能力を満足に発揮でき、実力を試す場所として外資系は最も良い世界と言えるのです。 
 
 

第二新卒で外資系に就職する意義とは??

hands-908165_640
新卒で今の会社に入り、果たして本当にそこで一生を勤めることはできるでしょうか。 
「果たしてこのまま若い時代をすごしてしまって良いのか、もっと他にできることがあるんじゃないか」 
仕事をしているとそういった自問自答をすることがあります。 
そしてそれは若者であればある程、許される立場と言えるのです。 
 
~第二新卒だからこそ外資系に挑戦する価値がある!~

日本では第二新卒という言葉があります。 
第二新卒とは二社目を目指す若者を指す言葉です。 
この時、現在の会社よりもっと実力主義を標榜する会社に行きたいのであれば外資系をお勧めします。 
外資系というのはそれこそお金を稼ぐことを最重要視した組織と言えます。 
そこでは日本の伝統的な年功序列ではなく、自分の能力によって地位を上げることができるのです。
 
上昇志向の強い方で、第二新卒という立場であるなら外資系を目指すことは可能なのです。 
 

外資系に就職する際に必要なスキルとは??

外資系には様々な能力を必要とされるでしょう。 
まずはとにかく英語です。 
外資系とはその名の通り外資、つまり外国資本で成立する企業です。 
こういった企業において英語は何より必要な技術です。 
むしろ前提と言っても良いでしょう。 

~ある程度の語学力は必須!転職する前に磨くこと!~

第二新卒という立場を活かすなら、仕事を辞める前にまずは英語を磨いてから動くと良いかもしれません。 
今現在仕事がある状態なら英語の習得をしながら面接先を探すと良いでしょう。 
それは第二新卒の強みの一つなのです。 
 
また、外資系と一言で言ってもその内容は様々です。 
ですがやはり代表的なものと言えば投資でしょう。 
投資を主な業務として活動する外資系というのはそれこそ実力主義の頂点です。 
そこでは金を中心として動くので職場環境はシビアでしょう。 
しかしそれに見合う報酬が約束されています。 
自分の腕を試すには最適な場所なのです。 
 

第二新卒がとるべき行動とは??

外資系と言うのはやはり厳しいところです。 
離職率も高く、普通の生活はできないと考えたほうが良いでしょう。 
こういった現実への覚悟はしなければいけません。 
 
~入社後のキャリアビジョンを描くこと~

それでも挑戦しなければならない、という気概があるならとにかく調べましょう。 
受けたい企業について徹底的に情報収集をするのです。 
外資系に入ったは良いが想像していたバリバリ働くという環境ではなかった、という結果に陥ってはなりません。 
自分がやりたいこと、したい生活を具体的に思い浮かべるのです。 
そうすることで求める企業像がはっきりとしてくるでしょう。 

~仕事に従事しながら転職活動を行うべし!~

もちろん第二新卒という立場を忘れてはいけません。 
離職するという決断をする前に、今の仕事に従事しながら面接を行うべきです。 
第二新卒というのはこういった慎重な行動も求められる立場と言えるのです。 
 

第二新卒で外資系を目指す際は徹底的な情報収集と在職しながら行動することが重要!

以上、第二新卒で外資系への就職を目指す際の心構えについてご紹介しました。
第二新卒というのは現在仕事を持っている場合、非常に有利な立場と言えます。 
仕事をしながら転職活動をするということは大変ですが、もし理想の職場が見つかればそれに越したことはありません。 
特に実力を重視するなら外資系の投資企業が最も良い環境でしょう。