第二新卒で未経験の職種に挑む際のコツとは | 新卒就活.com

2015/11/09更新

第二新卒で未経験の職種に挑む際のコツとは

第二新卒での就活でも、未経験の職種にチャンレジしたいと思うことはありますよね。
ですが、もう新卒ではないので、未経験へのチャレンジはそれなりに難しいところもあります。
上手くいかせるためにはコツがいります。
そこでここでは、第二新卒から未経験の職種にチャレンジする際のコツを紹介します。 
 

第二新卒で未経験職種へ挑む際のコツ1,前から興味があったことをアピールする 

 runners-752493_640
第二新卒から未経験の職種へのチャレンジをうまくいかせるためには、前からずっとその職種に興味があったことをアピールする必要があります。
ずっと興味はあってもなかなか踏み出せなかったが、意を決して今回踏み出したというと、とても熱意が伝わりますよね。
第二新卒、特に未経験では意欲や熱意が何より重要になるので、思いの長さで熱意を伝えましょう。 
 
●興味をもっただけでなく勉強したエピソードやスキルを盛り込むとなお良い!

もちろんただ興味があったというだけでは説得力がないので、その間こんなことを勉強して自信やスキルをつけてきたとか、そういうエピソードがあればなお良いです。
本当に熱意があるならばそのくらいのことをしてきたでしょうから、その方がより熱意があるように思えますよね。
もしなければ今からでも何かしらのスキルや知識は身につけておきましょう。 
 

第二新卒で未経験職種へ挑む際のコツ2,前職の経験から活かせる能力をアピールする

 
第二新卒から未経験の職種へのチャレンジだったとしても、まったく活かせるところがないということはまずありません。
まったく関係ないところでも何かしら活かせるところはあるものなのです。
たとえばエクセル等のPCスキルもそうですし、名刺の受け渡しなどのビジネスマナーだって、十分に次の会社で活かせる立派なスキルです。
そういう身に着けたことの中から、次の会社で活かせるものを見つけ、それをアピールしましょう。 
 
●何か身につけ活かそうという姿勢も評価の対象! 
 
何かしら身につけて活かそうとしているというそういう姿勢も、未経験の職種への第二新卒の就活ではとても重要視されています。
会社内の自分のあり方などの、そういうメンタル的な部分のことでも問題はありませんので、幅広く次の会社で活かせることを考えていってください。 

第二新卒で未経験職種へ挑む際のコツ3,将来のキャリアプランを明確にする

 
第二新卒からの就活、特に未経験へのチャレンジでは、またすぐに辞めてしまうのではないかという不安はつきものです。
未経験へのチャレンジということは、好奇心旺盛、チャレンジ精神旺盛な人物だということの証明でもあるので、また新たにそういう気持ちが働いてもなんらおかしくはありません。
ですから、企業側としては、またすぐに辞めてチャレンジしていってしまうのではないかという不安があるのです。だからこそ将来どうしたいかがみえていることを教えてあげるのです。 
 
●会社に沿った将来のビジョンを持っていることで早期退職の不安を払拭させる
 
将来のことを考えているということは、そこにそれだけ長くいるということの証明にもなりますよね。
ですから、将来のビジョンを伝えるようにするということは、第二新卒からの未経験へのチャレンジにとっては大切なことなのです。 

第二新卒からの未経験の職種でも前職の経験から活かせる能力をアピールすること!

以上、第二新卒から未経験の職種にチャレンジする際のコツの紹介でした。
第二新卒で転職する場合、在職期間が短いことからマイナスな印象があります。
ですがほんとにやりたいこと、挑戦したい想いがあって、それが未経験の分野だった場合はチャレンジしてみるものまた一つの道です。
第二新卒から未経験の職種へチャレンジしようと思ったらこれらのコツを活かさないと厳しくなるでしょう。
第二新卒であることを不利に働かせないためにも、ぜひこれらのコツを活かしていってください。