第二新卒で転職する際のコツについて | 新卒就活.com

2015/11/09更新

第二新卒で転職する際のコツについて

第二新卒で転職する際のコツについてご紹介します。
第二新卒の方が転職を行う際に企業が一体何を求めているのかを理解している人は有利に進めることができます。
反対に企業の求めていることと真逆のアピールをしてしまう人は中々理想の転職が出来ない状況が続いています。

第二新卒を企業が採用する理由とは??

PAK93_marunouchiminami20150112185416-thumb-815xauto-18051
現在、第二新卒の転職における採用に企業も期待を馳せています。
それは新卒生と違い一定期間の社会人経験を積んでいるためです。
社会人経験で学ぶことは数多くあります。
例えば基本的なビジネスマナー、社会人交流による対応力、培った能力など、これは大きな財産となっています。
新卒生は一からビジネスマナーやスキルを教えていかなければならない為、即戦力とは成り得ません。

~ビジネスマナーやスキルが身についているため企業にとっては即戦力となる!~

企業が最も第二新卒に期待するのは社会人経験で培った無形の財産となります。
転職を考えられる方は非常に多いですが、現職に勤められているならいかに次の企業で活躍できるスキルを身につけてアピールするかを考え、退職されている方は培ったスキルや能力を思い返すことから始まります。

第二新卒で転職する際のコツ1,入社後に活かせる能力を呈示する

企業が求めているものは即戦力となる第二新卒です。
一から育てる必要がなく即戦力として自社の売り上げに貢献、またリーダーシップ能力も少なからず問われたります。
つまり、育成に時間をかけることなく一刻も早く独り立ちをして活躍してくれる人材のことを指します。

~前職で培った能力を転職先で活かせることをアピールする!~

例えば、自発性をもってお客様にアポイントを取り、ヒアリングして関係性を構築する対応力、そして契約まで繋げることができるクロージング力といった所です。
こういった例から第二新卒が転職を決断することは、企業にとって大きなプラスになります。
新卒として社会人を経験し、各々培った能力やスキルは異なります。
しかし、共通して言えることは培ったものを転職を考えている企業で活かせることを全面的にアピールすることが最も大事になってきます。

第二新卒で転職する際のコツ2,求める人物像を把握

第二新卒は企業側の募集職種にて活躍できる人材になる必要があります。
裏を返せば募集職種以外にて活かすことができないようであれば優遇される第二新卒と言えど採用されることはありません。
そこで企業研究と自己分析が大事になります。

例えば、営業を募集している会社があった場合に社会人経験時代に、どのような営業スキルを身につけて数字としての実績を残すことができたのか、ということです。
そこから転職を考えている会社で具体的にどのように活かせるのかを考えなければなりません。
また、活かしたい能力がなぜ転職をしたい企業なのかといった深い所までアピールしていかなければいけません。

~抽象的でどの企業でも通用しそうな能力は印象に残らない!~

間違えてはいけないのは、何処の企業でも通用しそうな能力です。
例えば、「自発性が身について積極的に契約に繋げていきたい」といった様な抽象的なアピールの仕方ではオリジナリティがなく印象も残りません。
選んだ企業で絶対に活かしたいと思う能力を全面的にアピールしていきましょう。

第二新卒の転職はキャリアアップとして考えることで入社への意欲につながる!

タイトル通り、第二新卒は新卒に比べ圧倒的に有利です。
即戦力として活躍ができ、企業によっては破格な待遇をしてくれることも珍しくありません。
転職はキャリアアップとして考えることで、さらに入社への意欲が高まり伝わることでしょう。
間違ったアピール方法をせず、企業側が求めている人材を演じることができれば転職というのは難しくなく素晴らしい人生への糧となるでしょう。