第二新卒と新卒枠の利点と転職する際のコツ | 新卒就活.com

2016/08/04更新

第二新卒と新卒枠の利点と転職する際のコツ

第二新卒と新卒枠の利点と転職する際のコツについてご紹介します。
就職活動では新卒枠採用は有利であり、社会経験も実績もない何にでも染まっていける人材として重宝されます。
第二新卒は最低限のビジネスマナーを身に付けながら、社会に染まり切っておらず、伸びしろが大きな人材と判断される可能性があります。

新卒採用枠を設ける利点とは?

1024-cc-library010006665
企業が人材採用を行う場合には新卒枠や第二新卒、中途採用等があります。
新卒枠というのは未経験で実際企業に入ってから仕事を教わらないと何も出来ない状態と言えます。

利益を産むまでに時間がかかり、第二新卒や即戦力の中途採用の方が短期的に利益を産む上では有効な人材ですが、多くの企業はスキルが低くて当然の新卒枠で積極的に採用するものです。
スキルも実績もない新卒採用枠を設ける採用側の思惑としては、既存の社員育成にも繋がり社内風土に合った人材を育成出来ると言う期待があります。

・新卒を取ることで社員が成長する
・社内風土に合わせた育成可能な新卒

先輩社員が新卒に社会の基本や仕事の進め方、様々なスキルを指導せざるを得ない為に先輩社員も自身のスキルを言語化することになりますし、社内風土に合わせた教育を一括で出来るというメリットもあるものです。

第二新卒で転職する利点とは??

新卒枠採用の利点はスキルや経験がなくても採用されやすく、新卒枠で入社出来れば後々転職市場でも第二新卒や中途採用人材として付加価値が高くなる利点があります。

第二新卒は新卒枠とは違い、大卒後に就職をしてから数年以内に退職や休職した若者のことであり、卒業から3年以内25歳以下の人材が対象です。

~第二新卒は就職戦線では人気の立ち位置!~

新卒より採用基準が上がりますが、採用側としては若くてまだ社会に染まっておらず、それでいて最低限のビジネスマナーや経験を持った人材としての期待がありますから、就職戦線では人気のある立場と言えます。

・新卒は採用されやすく職歴として将来にも繋がる
・第二新卒は社会経験がありながらも社会に染まっておらずポテンシャルの高い人材と見なされる
・第二新卒を積極的に採用したい企業は非常に多い

新卒だけではなく第二新卒も採用側には非常に需要がある立場ですから、希望の企業に入るならばチャンスの時期です。

第二新卒を採用する利点と転職するコツ

新卒枠採用で企業に入社出来ても、その後思っていた会社ではなかったと考える方は非常に多いです。
そういう場合には退職して第二新卒として希望の企業に行くという流れもあり、新卒枠採用時代に希望の会社に入れなかった方でも第二新卒で希望の会社に入社する方法もあります。

~第二新卒は最低限の必要な教育いらず+ポテンシャルや柔軟性を期待されている!~

第二新卒は最低限のビジネスマナーがある理由から企業が一から指導を必要としない人材と見なされますし、まだ若い内からもポテンシャルや柔軟性を期待してくれるという時期でもあります。
第二新卒は面接が重要であり、社会人経験を経ていかに成長したかアピールすることが必須です。

~前職での経験をいかに活かせるかをアピールすることが重要!~

・経験があり、強みと弱みといった自己分析が出来ること
・今後どのようにキャリアを形成したいか明確にすること
・業界や企業分析を仕事を通して出来ていること

中途採用程に即戦力を求められない年齢でもあり、企業の需要が高い状態で希望先に行くのも良いです。

第二新卒は新卒枠で失敗しても再挑戦できる利点がある!

以上、第二新卒と新卒枠の利点と転職する際のコツについてご紹介しました。
新卒枠にも第二新卒にもそれぞれのメリットがありますし、それを活用することによって希望の企業に入ったり、キャリア形成に役立てることが可能になります。
就職戦線で有利な時期というのは希望の企業に入れるチャンスでもありますから、利点を活かして活動することが望ましいです。