第二新卒における自己PRの書き方とポイント | 新卒就活.com

2015/11/09更新

第二新卒における自己PRの書き方とポイント

第二新卒における自己PRの書き方とポイントをご紹介します。
最近、就職活動の新しい募集形態として増加しているのが第二新卒です。
第二新卒は、早期退職してしまった若者への新しい形の就職活躍で仕事の選択肢や可能性を伸ばすものになります。
しかし、就職活動していく上で自己PRが非常に大事になります。

第二新卒の自己PRで求められるものとは?

architecture-768432_640
まず、第二新卒の自己PRのポイントは、採用側が何を求めているかを知ることです。
特に第二新卒で採用側が求めているのが、会社への熱意や将来的なポテンシャル、スキルなどです。
新卒とのそれほど違い点はないですが、一度社会人として仕事を経験してきたプロセスやその時の仕事に対する取り組み、姿勢など全体を見て、判断されることになります。

~会社への熱意や将来的なポテンシャル・仕事に対する姿勢を見られている~

ですので、第二新卒の自己PRでは、それらの熱意やポテンシャルが伝わるような内容や自分の長所など人物像など分かるエピソードを混ぜながら、簡潔に説明できなければならないです。
退職したタイミングなどにもよりますが、もう一度学生時代を今の自分の自己分析をして掘り下げてみる必要があります。

第二新卒の自己PR書き方ポイントについて

第二新卒の自己PRでの書き方のポイントは、最低限のビシネススキル、熱意やポテンシャルが伝わるエピソードの2つが特に大切になります。
最低限のビシネススキルは、新卒として入社した会社でどのような研修を行って、実際どのような業務やそれに対する取り組みなどどんな仕事内容だったのかを中心に述べると採用側もどの程度のビシネススキル、マナーを身につけているのかがイメージしやすいです。

~最低限のビシネススキルと熱意やポテンシャルが伝わるエピソードが必須~

熱意やポテンシャルが伝わるような内容は、実際に行った業務に対しての姿勢やどのようなプロセスを踏んだのかなどのエピソードを盛り込んだ上でこれからどのようなことがしたいのか、できるのか伝わる内容を書くことです。
ですので、退職理由はどうあれ、経験したことを見直す必要があります。

第二新卒の自己PRを作成する際の注意点とは?

第二新卒の自己PRでの注意点は、基本を押さえた上で相手の求める人材にマッチした内容を伝えることです。
第二新卒は、可能性がある就職活動の選択肢としてありますが、自己PRが誤字脱字、乱調した文章や面接での姿勢やマナーの悪さがあっては、可能性を潰してしまいます。

~企業の特色とマッチした自己PRと丁寧な書き方が重要!~

また、相手の求める人材と自分のアピールした部分、やりたい仕事が明らかに違う場合は、相手にとっては必要のない人材なので落とされてしまいます。
ですので、履歴書では基本を押さえてきちんと書いた自己PRで相手とマッチしたアピールかを自己分析、企業分析をきちんとして見直すことが大切です。
多少のミスなど、熱意をストレートに素直に伝わる姿勢が最後は大事になります。

第二新卒の自己PRで重要なのは企業が求める人材にマッチした内容を伝えること!

以上、第二新卒における自己の書き方とポイントについてご紹介しました。
第二新卒の自己PRは、熱意やポテンシャル、最低限のビシネススキルなどが伝わる内容のエピソードなどを盛り込んで、アピールしていくことが大切です。そのための自己分析や企業分析をしっかりとしておくことも大切です。