第二新卒に効果的な3つの自己PR方法 | 新卒就活.com

2015/12/24更新

第二新卒に効果的な3つの自己PR方法

第二新卒の方は、自己PRでアピールすべきところも新卒の頃とは変わってきます。
何も考えずに新卒のころと同じようなところでアピールしようとしても、それは決して良いアピールにはならないでしょう。
では、第二新卒の方はどんなところをアピールすれば良いでしょう。以下ではそれを紹介していきます。

第二新卒の自己PR1,前職で得た経験をアピールする

universe-1044107_960_720
第二新卒の方が自己PRでアピールするべきなのは、前職を通じて得た経験です。
それは新卒の頃にはなかったことですので、第二新卒ならではの自己PRのアピールポイントと言えるでしょう。
第二新卒では経験というのが重要視されるので、そこをアピールすることはすごく重要です。
前職の経験から、今受けたい仕事で活かせる点を探してみてください。

●実務に活かせるものでなくてもOK!!

どんな仕事にせよ、何かしら活かせる経験はしているはずです。たとえそのまま実務で活かせることでなくても、問題はありません。
ビジネスマナーや仕事に対する姿勢等、そういうことでもいいのです。
どんな内容であるにせよ、第二新卒の自己PRでは、そこで活かせる経験を積んできているということをアピールすることが大切になるのです。

第二新卒の自己PR2,以前から興味があったことを伝える

第二新卒の自己PRでは、そうして活かせる経験をアピールするだけではなく、前からその仕事をやりたかったということもアピールする必要があるのです。自己PRですので、別段そうして熱意をアピールすることも問題ありません。
何も必ずしも能力的なことだけアピールしないとならないということはないのです。

●退職するかもしれないという不安を採用担当者に抱かせない!

熱意をアピールすることには意義があります。それは、それを伝えることで、また再びやめて転職してしまうのではないかという相手の不安を消してあげることにつながるのです。
第二新卒では、どうしても簡単にまたやめてしまうのではないかという不安はつきものです。
それをなくすためには、どうしてもそこでのその仕事がしたくて、チャレンジの為にとびだしてきたのだということを自己PRでも教えてあげる必要があるのです。しっかり教えてあげましょう。

第二新卒の自己PR3,能力の活かし方をアピールする

前職で得た能力や、そこに対する熱意のアピールに加えて、第二新卒が自己PRでアピールするべきであろうことはもう一つあります。
それが、自分の能力をその会社でどう活かしていくかということです。
その点に関しては、もうすでに新卒の頃から散々自己PRでアピールしてきたのではないでしょうか。それと同じことを、第二新卒でもやるのです。

●企業研究を徹底的にすることで熱意が伝わりやすくなる!

新卒の頃は活かし方を伝えることにより、仕事への準備が出来ていることのアピールに繋がりましたが、第二新卒では、それを自己PRでアピールすることにより、上記のことに加えてきちんとその会社のことを調べているのだという熱意のアピールにも繋がります。
それはまた、相手の第二新卒への不安を掻き消してあげることにつながるでしょう。

第二新卒の自己PRで重要なのは退職してしまうのではないかという不安を抱かせない伝え方!

以上、第二新卒の人が自己PRでアピールすべき点のご紹介でした。
第二新卒の自己PRでは、第二新卒の自己PRならではのアピールポイントがあるものです。
しっかりこれらのことを参考にそれをアピールして、周りに対して遅れをとれないようにしていきましょう。