第二新卒のキャリアチェンジにおける年収について | 新卒就活.com

2015/11/09更新

第二新卒のキャリアチェンジにおける年収について

第二新卒としてキャリアチェンジを考えた時、ふと頭をよぎるのが年収……つまりは給与についてです。 
キャリアチェンジをするにあたり、第二新卒として年収が上がるかどうかは知っておくべき。
転職をする前に、一度自分がどうなりたいのか考えてみましょう。 
 

第二新卒の年収について

 piggy-bank-970340_640
新卒として就職したものの、「会社に合わない」「給与に不満がある」などの理由から、キャリアチェンジを考える人は少なくないでしょう。
そういった理由から転職を考えますが、その際、誰しもが『年収は上がるのかな?』という疑問をふと思い浮かべるはず。
仕事をし、生活をしていく上で、年収などの給与に関する悩みは尽きないものです。 
 

●第二新卒の転職では年収は上がりづらい!

通常、転職などのキャリアチェンジをすると、年収はUPするケースが多いです。
しかし残念なことに、そういったケースは一般的な中途採用の場合であり、第二新卒の扱いとしてはそれは適用されないのです。
つまりは第二新卒は年収が下がるということなのです。
第二新卒として転職をするのであれば、年収に期待を持たないほうが無難かもしれません。 
 

第二新卒の年収が下がる理由とは?? 

では、なぜ第二新卒の年収が下がってしまうのかを考えてみましょう。
新卒生として就職したときよりも、多少なり経験を踏んでいる第二新卒なら年収がダウンする扱いには疑問を感じます。
その反面、同じ社会経験ありの中途採用者は、前職の給与を考慮されるケースが多いです。
なぜ第二新卒のキャリアチェンジは年収UPの扱いにならないのでしょうか? 
 
●第二新卒は即戦力として扱ってもらえない!!

中途採用と第二新卒の違いは、『即戦力』になりえるかどうか、という点です。
同じく社会人経験があったとしても、そもそも経験の年季が違ってくるからです。
つまり、企業からしてみれば、新卒と変わらずマナーも業務もイチから教えていかなくてはならない……ということなのです。
その上、短期間で退社しているというマイナスポイントが付いているのも痛いところです。 
 

企業の採用ルール的にも年収はあげられない!?

第二新卒のキャリアチェンジが年収ダウンとなる2つめの理由は、企業の給与体系にあります。
採用枠に付随して記載があるように、転職には「経験を考慮」「能力を考慮」というワードが付いてまわってきます。
経験を数字に置き換えてみると、これはしごく簡単なことで、「経験5年」と「経験1年」では企業としても年収に差を付けるのは仕方のないことだと取れるでしょう。 
 

●転職先でじっくりと経験を積む心構えが重要! 

もちろん、キャリアチェンジ後の下がってしまった年収がずっと続いていくわけではありません。
転職先をしっかりと見極めることで、年収UPの可能性は十二分にあるのです。将来性のある企業だろうか?昇給制度はあるだろうか?そういった視点を持ちながら転職先を探し出すようにしましょう。
どっしりと腰を据え経験を積み、スキルを磨いていけば下がってしまった年収をあげることは可能なのです。 
 

第二新卒の年収は低く見積もられている場合が多い!給料面で期待しないこと!

キャリアチェンジ後の第二新卒の年収についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
第二新卒は、新卒ほどの期待値もなく、また中途採用ほどの即戦力への期待もありません。
そのため、多くの企業が第二新卒の年収を低く見積もっているケースがほとんどです。
とはいえ、やりたくもない会社で仕事を続けていくのも辛いもの。
転職をするのなら、しっかりと腰を据えて働ける企業をじっくりと探すようにしましょう。