第二新卒から正社員になるためのコツとは | 新卒就活.com

2015/11/09更新

第二新卒から正社員になるためのコツとは

第二新卒から正社員になるためのコツについてご紹介します。
第二新卒として新たに正社員として就職をしようと考えている方もいるでしょう。
第二新卒でもしっかりと就職活動をすれば正社員として就職することが可能です。
そのためにしっかりとした準備と、新卒との違いを理解しておくことが大切です。 
 

第二新卒で正社員になる意義とは??

work-993331_640
まず第二新卒がどのようなものなのかが分からないという方もいるでしょう。
新卒という言葉にはなじみがありますが、こちらの言葉に関してはあまり理解できていないという方はとても多いです。
これの対象となるのは学校を卒業後に一度就職しているものの、3年以内に退職してしまったの求職者です。

~第二新卒は正社員とて就職できれば新卒と同じ扱いになる場合も~

第二新卒は就職の面で不利になるのではないかと考えている場合もありますが、最近では多くの会社が第二新卒を正社員として積極的に採用する傾向が強まっています。
その場合、新卒の方と同じような扱いで採用してもらえるので、しっかりと仕事に関する研修を受けることが出来るのです。
正社員として新卒と同じように扱ってくれるのはとても嬉しいですね。 
 

第二新卒ならではの強みとは??

 
第二新卒と新卒の違いとは、一度学校を卒業しているため、就職をして仕事に就いた経験があるかないかという点でしょう。
つまり、一度就職をして社会人として働いた経験がある場合は、そうした経験が就職活動の場で有利に働く可能性が高いのです。
社会人経験があれば働く上で最低限必要とされている基本的な常識やマナーなどが身についている場合が多く、採用した会社は一から教え直す必要が長くなります。

~社会人としてのマナーやスキルが身についているという強みがある!~

会社側の新人教育の負担が少なくなり、新卒より早く即戦力になる可能性があるため正社員で採用するところが多いということです。
これは第二新卒の方にとって大きな強みとなるので、その点を十分理解した上で正社員になることを目指して就職活動をするべきでしょう。 
 

第二新卒の強みを利用した自己PRの仕方とは?

 
第二新卒で社会人経験がある方の場合は、自己PRにそのことを盛り込みましょう。
前職でどのような経験をし、学ぶことが出来たのかをしっかりと振り返り、把握しておくことが大切です。
それを活かして今後正社員の仕事に活かしていきたいということを伝えるのです。

~前職の経験から活かせる能力を自己PRするのが効果的!~

また、社会人としての常識やマナーがしっかりと身についていることもアピールするべきです。
もしすぐ退職してしまいブランクがあった場合は、その期間に自分がどのような取り組みをしていたのかをポジティブな要素を含めて伝えます。
自分のやりたい仕事のために勉強をしていた、能力を高めるために努力したということを自己PRに含めれば面接官の印象も良くなるでしょう。
第二新卒の方はこうした点を心掛けて自己PRを考え、正社員を目指しましょう。 
 

第二新卒で正社員就職するためには前職で身に着けたスキルを自己PRすること!

以上、第二新卒の強みを私用した正社員就職を目指すコツについてご紹介しました。
近年は第二新卒枠というものを設置して対象となる方を多く採用している会社が増えています。
以前に比べて就職がしやすい環境となっているので、対象となる方達は正社員になるために自己PRをしっかりと考えた上で就職活動をしましょう。