第二新卒の転職で未経験業界へ就職する際のポイント | 新卒就活.com

2015/12/03更新

第二新卒の転職で未経験業界へ就職する際のポイント

第二新卒の転職で未経験業界へ就職する際のポイントをご紹介します。
第二新卒が未経験の業種に転職しようとした場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。
ここでは第二新卒の就職活動全般について、特に未経験業種に転職しようとした場合を想定して解説していきたいと思います。

未経験でも強気でいける第二新卒の転職市場

junction-984045_640
第二新卒が未経験の業界に転職するというのは、一見して難しいように思えます。
しかし、最近の時流としては第二新卒に有利な状況が出来上がっています。以下に見ていきましょう。

●第二新卒者は教育コストが低い

第二新卒者はすでにビジネスマナーなど前職で基礎教育を受けているため、すぐに実務の場に出ることができます。
その点で、第二新卒のメリットは大きいと言えるのです。

●後継者不足の企業も多い

企業によっては、一時期の不景気に伴い新卒採用を控えていたため、現在の中核となる人材が抜け落ちているというところがあります。
そういったところに自分を売り込めば、未経験の業界への転職であったとしても、十分に採用される可能性はあるでしょう。

●第二新卒の転職にはエンジニアが狙い目

また、業界全体で後継者不足だといわれるのが、IT業界のエンジニアです。
一昔前はその過酷な労働環境から多くの人が他業種に転職するということがありました。
さらにその他の影響もあり、現在では未経験の業界から転職してくる第二新卒も採用しているようです。

第二新卒で重要な職務経歴書について

では、実際に第二新卒が未経験でも採用されるためには、どうすればよいのでしょうか。
第二新卒が未経験の業種に転職する場合は、職務経歴書が採用のカギになってきます。

●職務経歴書とは?

職務経歴書とは、第二新卒の人が前職でどのような仕事をしてきたのか、それによってどのような利益を会社にもたらしたのかなど、これまでの経験について記載する物です。
内容としては履歴書よりも詳しく書くのが一般的となっています。

●第二新卒が職務経歴書を要求される理由

新卒の場合はそれまで社会人経験がないため、その後のポテンシャルのみを見出されて採用されます。第二新卒の場合は数年の社会人経験があるため、そこから未経験の職種に転職する際は、その経験を次の職場でも活かせるのかという判断が必要になります。
職務経歴書はそのために用いられるのです。

第二新卒の転職する際の注意点

第二新卒の人が未経験の業界に転職しようとした場合、以下の点に気を付けておくことをお勧めします。

●若さと体力をアピールする!

第二新卒の場合、経験が大切なのは先ほども説明しましたが、
当然ながら若さのアピールも必要です。未経験の業界に転職するということは様々なストレスがあり、簡単にうまく行くようなことではありません。
若さをアピールすることで、そういったものを乗り越えられるだけの体力を持っていると主張できるのです。

●前職の仕事をしっかりやり遂げること

前職で全力を尽くしておかなければ、新しい環境でうまく行くわけもありません。
第二新卒が未経験の業界に転職するというのは、新卒のように失敗を許されない状況だからこそ、並大抵のことではありません。
覚悟を決めて、前職で全力を尽くしておくことが大切なのです。

第二新卒が未経験の業界に転職する時は前職の経験から活かせる能力をアピールすること!

第二新卒が未経験の業界に転職するには、さまざまな気を付けておきたい点があります。
また、最後はやる気や熱意を見られて採用されるかどうかが決まってしまうため、やれることは全てにおいて全力を尽くしておくことが大切になるのです。
時には採用されやすい業界を見ぬくなどの、先見の明も必要になってくるでしょう。
第二新卒が活躍できるフィールドはまだまだたくさんあります、転職活動頑張ってください。