第二新卒者が商社に入社するためのアピールポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

第二新卒者が商社に入社するためのアピールポイント

第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイントをお教えします。
経験の足りない第二新卒の方は、的確なアピールポイントでアピールをしていかないと、なかなか商社に入社することは難しいでしょう。
ここでは、第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイントを紹介します。

第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイント1,体力

japan-1008846_960_720
基本的なことと言えば基本的なことですが、体力をアピールするというのは商社にとっての良いアピールとなるでしょう。
商社は体力勝負であることも多いです。どうしても激務になりやすいのが商社ですから、体力がないと話にならないのです。
ですから、経験の浅い第二新卒の方が商社に入りたいとおもったら、体力をアピールするのが効果的です。

~前職の経験から体力をアピールしよう!!~
その体力のアピール方法も、前職の経験からしていくと良いです。
「前職でもこういう経験をしていて、それを苦とも思わずこなせていたので、体力には自信がある」ということを具体的に述べていけば、仕事に関する体力をアピールすることができます。ですから、第二新卒の方は、そのように前職の経験から体力をアピールしていくことがオススメです。

第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイント2,タスク管理能力

商社というのは、色々な仕事を同時進行で進めていくことがざらにあるお仕事です。
ですから、きちんとタスク管理が出来ることをアピールしていくのが効果的です。そういうタスク管理の能力が低いと、すべての仕事が同時にとどこおるようになり、多くの所からの信用を失うこととなってしまいます。
ですから第二新卒から商社にはいろうと思ったら、そうならない人物であることをアピールすることも大切なのです。

~新卒の仕事の経験からタスク管理能力をアピールしよう~

それもやはり、仕事の経験からそうした能力をアピールしていく必要があります。
第二新卒で前職での経験もあまりなくても、タスク管理の為に何らかの工夫をしていたことにして、その工夫を語るようにしてください。
前職の前のアルバイトの話なども持ちだして、いくつもの現場でいつも工夫をしていたとアピールするとなお信憑性がでてきて、第二新卒から商社に入社できる確率も上がるでしょう。

第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイント3,調整力の高さ

コミュニケーション能力というのも、商社では求められる能力です。
さらにいえば、そこから調整力に特化したアピールをすると、なお効果的になり、第二新卒から商社にはいれる確率が上がるでしょう。
商社の仕事とは、ある会社とある会社をつなぐ仕事です。それすなわち、間にはいっての調整の仕事となるのです。
ですから、間に入っての調整力が高いというのはすごく良いアピールとなるというわけです。

~いつも誰かと誰かの間を調節するポジションだとアピール!!~

それをアピールするためには、いつも誰かと誰かの間で調整するポジションにいたことをアピールすると良いでしょう。
そういう能力は簡単に身につくものではありませんから、いつもそういうポジションにいる人物でないと、信憑性が出てこないのです。
第二新卒から商社に入りたければ、前職でもアルバイトでも仲間内でもいつもそういう調整のポジションだとアピールしていきましょう。

第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイントまとめ

第二新卒の方が商社に入社するためのアピールポイントのご紹介でした。
第二新卒から商社に入りたいと思ったら、ポイントをおさえないとまず難しいです。決してアピールするのが難しいポイントではありませんから、これらのポイントを上手くアピールしていってください。