第二新卒者とは?そのポジションについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

第二新卒者とは?そのポジションについて

第二新卒者とは何者?そのポジションについてご紹介します。
数年前から就職や転職などで新卒、既卒とはまた違う呼び名としてある第二新卒者とは何か話題になっています。
第二新卒者とは、簡単に言うと新卒などで就職した会社を短期間で離職してしまった社会人3年以内の転職、就職者を指しています。

第二新卒者とは1,具体的な立ち位置

doubt-539986_640
第二新卒者とは新卒と既卒では枠組みが難しい社会人3年以内の早期離職した転職、就職希望者のことを指します。
なぜ、こんな呼び名が生まれたかと言うと3年以内の退職、転職者の急激な増加や企業が多様な人材を上手く獲得するために、既卒よりもより転職がスムーズにしやすいようにできたのものと言わる説があります。

~新卒や既卒と違い一度就職を経験している分有利な立ち位置~

第二新卒者とは既卒よりも就職を一度経験している分、有利な立ち位置にあり、新卒と比べて早期で退職した理由と社会人経験が問われる分が厳しい立場にある両者の中間にあります。
ですが、基本的には新卒と変わらない期待をもって採用側も人材をもとめているために、その3年以内は非常に転職がしやすく内定がもらえやすい環境にあるとも言えます。

第二新卒者とは2,メリットとデメリット

第二新卒者とは、退職後の選択肢として幅広く転職できる可能性があります。しかしメリットとデメリットが存在します。
メリットは、退職したというレッテルや職歴があまり問われずに若年層が多いので、将来的な即戦力として採用側からの期待があるので、転職できる幅や可能性が広いことになります。
また、実績などの数字よりは、熱意や会社へのアピールポイントが採用基準になるので新卒に近い感覚でできることです。

~新卒に近い感覚で就職できる分おなじ失敗は許されない!~

逆にデメリットは新卒と同じやり方が通用しないことです。
新卒とは違い、一度社会人として就職しているので、最低限のマナーやスキルを持っている前提で判断されるので、履歴書や面接ではより丁寧にすることが求められたりします。

第二新卒者とは3,新しい雇用形態

第二新卒者とはこれからの時代や働き方の変化により増加すると考えられています。
スマートフォンの発達やグローバル化の影響で変化のスピードが急激に速くなっています。
そのために従来のずっと同じ会社で働くということがなくなり、複数の仕事を抱えたり、短時間の労働などの多様な働き方にマッチした形でなります。

~若年層にとって働くための一つの選択肢や仕事を変えるきっかけになる~

第二新卒者とはその中で新しい働き方の一つとして増える可能性があります。
採用側もただ新卒だから獲得していく動きからより色々な手段や場所から人材を獲得せざるを得ない状況になっています。
ですので第二新卒者とは今の若年層にとって働くための一つの選択肢や仕事を変えるきっかけとして非常にメリットが多いものといえます。

第二新卒者とは転職がしやすく内定がもらえやすい環境にある!

以上、第二新卒者とは何者?そのポジションについてご紹介しました。
第二新卒者とは、新卒や既卒とはまた違う立ち位置で若年層の可能性や新たな働き方を呈示してくれる新しい就職スタイルです。
また第二新卒者は変化していく社会の中で採用側の人材獲得の手段としてメリットとの多いもので、これからさらに増えていくでしょう。