筆記試験で出題される一般常識問題の克服法 | 新卒就活.com

2016/08/30更新

筆記試験で出題される一般常識問題の克服法

筆記試験で出題される一般常識問題にはどのようなものがあるでしょうか。
筆記試験の一般常識にどんな問題が出題されるのかを知っていなければ、今後の対策を練る事が出来ないですよね。
対策を練って、志望企業に合格するためにも一般常識問題とは何なのかを把握しておきましょう。

筆記試験で出題される一般常識は最低限必要な教養!!

businessman-598033_640
企業の採用試験では筆記試験が行われる企業もあり、その多くがspiや一般常識を導入していると言えます。

特に筆記試験での一般常識は、最低限これくらいのことは知っておかないとダメだと言うレベルの問題が出題されますので、その一般常識問題で一定以上の点数が取れない様では企業に入社して社会人としてやっていくレベルに達していないと判断されます。

~満点を取る必要はないが一定水準以上の点数は選考突破に必要とされる~

その為、一般常識問題では満点を取る必要は無いにしろ、企業の定めた一定水準以上の点数が必要となります。

出題範囲も広いため対策をして望まないと思いのほか筆記試験が出来なかったということにもなりかねません。

一般常識のレベルと出題範囲は?

筆記試験で導入される一般常識問題は、基本的には中学校を卒業できるレベルの問題が出題されることになります。
その為、その範囲は国語・文化・社会・英語が基本で、理系の企業の場合はそれに数学と理科がプラスされることになります。

~中学校の教科書を解けるようになる!!日々ニュースにアンテナを張り巡らせて幅広い知識を得る!~

基本的には教科書で習った問題ばかりですので、基本が出来ていればさほど苦労することは無いはずですが、これに時事という一般常識も筆記試験では導入されているため、国内および海外の時事問題をある程度知っておかないと、他の教科は出来ても時事で苦労するということもあると言えます。

日々ニュースなどの情報にアンテナを張り巡らせて、幅広い知識を得るようにしておかないと一般常識といえども一定水準以上の点数が取れないと言えます。

一般常識で必要な知識とは?

筆記試験で出題される一般常識に必要な知識は、基本的にはそれほど高度な知識は有する必要が無いため、一般常識という名前の通り常識の範囲内の知識があれば大丈夫だと言えます。

国語の場合、敬語や漢字の読み書きの基本が出来ていればOKですし、社会に関しても歴史や政治、地理などの基本があれば問題ないでしょう。

~時事問題やテレビで流れるような文化についても知っておくのが大事~

社会の延長線上で時事があると考えて、時事も対策しておけば更に良いと言えます。英語は会社で使用するような英単語や簡単な文章が読み書き出来れば大丈夫です。

文化に関しては美術・音楽・芸能等の基本的な知識があればまず問題ないと言えます。その為筆記試験で一般常識が出題されてもそれほど焦ることは無いですし、事前に一般常識を予習しておけば対策は十分だと言えます。

パソコン・スマホに依存している人は筆記試験で注意!!

筆記試験の一般常識は、中学レベルの問題なのでよほどのことが無い限り一般常識が解けないと言うことは無いでしょう。

しかしパソコンやスマホなどに依存している学生の場合、基本的な漢字は読めても書けないとか、簡単な計算問題が暗算で解けないといった問題が起きる可能性があります。

~一般常識問題を購入して予習・復習の対策を行うこと~

この場合、もちろん平均点に達しない可能性が出てくるわけですから、筆記試験で不採用となることも考えられてきます。

その為、特にスマホなどに依存している人は、一般常識の問題集を購入してしっかりと予習、対策を行っておかないと、出来ると思っていた問題が解けない、分からないといった状況にもなる可能性があるので十分に注意しましょう。

筆記試験で出題される一般常識問題の克服法は問題集を購入して繰り返し解くこと!

筆記試験で出題される一般常識問題の克服法は、問題集を購入して繰り返し解くことです。

一般常識は中学生レベルの問題が出題されます。基本的な事を覚えて、企業の求める数値以上を達成すれば良いのです。硬く考える必要はありません。

就活生は今後の参考にしてくださいね。