筆記試験におけるSCOA特徴と対策方法 | 新卒就活.com

2017/08/21更新

筆記試験におけるSCOA特徴と対策方法

筆記試験にはかずかずの種類のテストがあるものですが、そんな数ある種類の筆記試験の中でも特に難しいと言われているのがSCOAと呼ばれる筆記試験です。
ここではそんな筆記試験、SCOAの特徴とその対策方法を紹介します。これらを参考に突破していってください。

筆記試験におけるSCOAの特徴について

1024-cc-library010007146

筆記試験におけるSCOAが難しいと言われる最大の理由は、SCOAという筆記試験は、他の筆記試験とは違い、5教科からまんべんなく問題が出題されるというところです。
言語能力と非言語能力だけでも忘れているところが多々あるのに、それに加えて英語の問題や理科社会の問題まで出題されるのですから、難しいと感じるのは当たり前ですよね。

●SCOAは5教科から問題が出るのが最大の特徴!

そして筆記試験SCOAで出るそれらの5教科の問題のレベルも、高校卒業程度レベルの問題となっています。
高校卒業程度というと簡単なような気もしてきますが、高校卒業程度クラスというとセンター試験クラスと言えるので、実際にはなかなか難しいのです。ですから、時間をかけて、かつ効率的に対策していくというのが必要になります。

【SPI対策に悩んでいる方!】SPI対策マニュアル<PR>

SPI選考は様々な就活生が頭を悩ましている選考の一つです。なぜなら、時間のない就活中にしっかりと対策をしなければならないということと、選考時間が短いからです。
そんな中、SPI選考を攻略することができる人はどんな人なのでしょうか。

ずばり自分の得意・不得意を理解している人です。
キャリアパークではあなたの不得意な分野を見える化させるSPI対策マニュアルがもらえます。
あなたはその不得意な分野を潰せば良いのです。
さらに今なら問題集もついてきます。是非チェックしてみてください。

筆記試験におけるSCOA対策1,問題集を繰り返す

幸いなことに筆記試験SCOAには、あらゆる筆記試験の対策本において評価の高いSPIノートの会からも対策本が出ています。
ですから、基本的にはそういう信憑性の高い、評判の良い対策本会社の対策本を繰り返し解いていくしかありません。
そうして知識と問題の出方をしっかり脳に刻み込んでいきましょう。

●言語非言語以外を中心に対策しよう!

しかし、ただただすべてのジャンルの問題を解いていくというのは、筆記試験SCOAの対策においては相応しくありません。
効率的にSCOAの対策をするためには、SCOAの対策では、特に言語非言語以外のところ、常識問題(理科社会)や英語、論理の問題を中心にやると良いでしょう。するとよりスムーズに良い知識の穴が埋めていけるはずです。出題の範囲の広いSCOAの対策ではそうするのが一番です。

筆記試験におけるSCOA対策2,言語非言語はSPI対策を

では、筆記試験SCOAの非言語や言語の問題はどのようにしたら良いでしょう。
筆記試験SCOAの言語および非言語の問題では、SPIの対策をして勉強していくと良いでしょう。
就活の筆記試験で最も頻出であるSPIの対策をしつつ、SCOAの対策にもなるので、とても効率的に対策していけるようになるでしょう。

●別段特殊な問題は出ない!SPIの対策本で充分!

筆記試験SCOAの言語、非言語の問題に関しては、別段特殊な問題が出るということはありません。
ですから、そうしてSPIの対策本などを利用して勉強していけば、十分なのです。
SCOA自体はあまり頻出ではないので、そこに時間をかけすぎるというのは勿体ないです。
ゆえに、こういう対策の仕方が一番になります。就活全体の事を考えつつ対策していくというのが一番良いでしょう。

筆記試験におけるSCOAは高卒程度!問題集を繰り返し解くこと

以上、筆記試験SCOAの特徴とその対策方法のご紹介でした。
こうして対策していけば、スムーズに力をつけていくことができるようになるでしょう。
筆記試験SCOAは確かに難しいですが、こうして効率的に対策すれば十分戦えます。ぜひそうしていってみてください。