経歴書とは?書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/09/20更新

経歴書とは?書き方とポイントについて

経歴書とは一体なんなのかご存知でしょうか?
キャリアを積む上で重要な判断になるのが、一つの会社で働き続けるか、転職を行うかです。
経歴書とは転職の際に重要になるもので、今まで務めた職務の概要や、実績などを記したもので、雇用の重要な指針になるのです。
第二新卒の方には必見のページです。

経歴書とは1,自己裁量

pencil-791107_640
経歴書とは、職務経歴書とも書かれ、履歴書と共に添付を求める企業も多いものです。
また、企業が特に求めていない場合でも、第二新卒の場合などわずかでも働いたことがあるなら書いた方が有利になる場合も多く、重要性が高い物になっています。
認知度も高く、履歴書と経歴書がセットで市販されている場合もあります。

~書式が自由な分まとめる能力を問われる~

フォーマットはある程度決まっている一方で、内容は自分次第となるため、文章の構成能力なども試されます。
特に、職務以外のボランティアやインターン経験を書くことがプラスになる場合もあります。
自己裁量で決められる部分が大きいため、書式を含めて手作りする人もいるほどです。
一方で手作りの場合は紙質やサイズ、履歴書との統一感も考える必要があります。
経歴書とは自由度が高い一方で、まとめる能力も求められるものなのです。

経歴書とは2,量より質が重要

経歴書とは自分の経歴を書くものですが、同時に採用担当者にアピールするための物でもあります。
しかし、アピールしようとするあまり、項目を増やし過ぎてポイントがぼやけてしまう場合や、目的意識がわからなくなってしまうとマイナス評価になってしまいます。
多くの経験を積んでいるなら、略歴などを使うことで文章を短く、端的にまとめることが出来ます。

~略歴を使って端的にまとめるのも良い手!~

重要なのは情報の量ではなく質なのです。
特にその経験が、新しい企業で働くうえでどう活きるのか、どう活かすつもりかを前面に出す必要があります。
こちらも、あまり書き過ぎても蛇足になってしまうために、全体のボリュームを見ながら調整する必要があります。
一枚で完結させる必要性があるとは限りませんが、履歴書の志望動機と合わせて分散させる事も重要です。

経歴書とは3,職歴が少ない場合はキャリアプランになる情報を書く

経歴書とは今までの経験を書くものですが、一方で第二新卒のようにやむを得ない事情で転職せざるを得ず、書くべき職歴が少ないと言うケースもあります。
アルバイト経験やサークル活動等を書いても思うように内容が詰められず、困ってしまう場合もあります。
将来を考えて立てた計画が、そのまま進むとは限らないのです。
やむを得ず転職活動を行うことになったとしても、経歴書に書くことを増やすの可能です。

~資格の取得など今後必要となる能力を学ぶ意志は評価される!~

それは、資格の取得などに勉強を始めたなどのキャリアにプラスになる情報です。
通信講座や教室などで、転職を目指す職業に関係する資格、あるいは今後必要になるであろう講座で学ぶことは大きなプラスです。
それが短い期間であろうとも、学ぼうとする意志は評価の対象になるのです。

経歴書とは経験の量によって書く内容が変わる!

経歴書とは豊富な経験があれば略歴などでまとめられる一方で、経験が少ない場合は書くことも少なく、作成に苦戦しがちなものです。
しかし、資格の勉強を始めているなど、現在進行形の事象も書くことは可能であり、印象も大きく変わります。
未来への投資や実際に活かすものと思って、勉強をすることはとても重要なのです