職務経歴書における自己PRの仕方とポイント | 新卒就活.com

2016/08/04更新

職務経歴書における自己PRの仕方とポイント

新卒採用の時は履歴書だけでしたが、転職活動の際は履歴書以外に職務経歴書が必要です。
そして最も重要視される書類がこの職務経歴書です。
職務経歴書とはあなたが今までどの様な仕事をしてきたかをアピールする書類です。
今回は、書類選考で落ちない職務経歴書での自己PRとはどのようなものなのか紹介していきます。

職務経歴書での自己PR方法1,会社や仕事に合わせて書く

recommend-315914_640

職務経歴書での自己PRの方法は一つではありません。
いつも同じ見本を真似て書くのではなく、相手に応じて臨機応変に変えていかなければならないのです。

~企業によって作成方法を変えるのも有効な手!~

例えば、データ入力や資料作成をメインとする営業事務のような仕事を志望する場合、ワードやエクセルなどのスキルが重要となります。
この場合、職務経歴書の書き方としてはワードやエクセルで作成した方が、採用する側もパソコンスキルのレベルも分かり採用しやすくなります。
しかし、人の繋がりや人柄を重要視する中小企業などの場合は、手書きで丁寧に書く方が効果的といえます。
このように、職務経歴書は内容以外の部分である、どのような方法で書くかということも自己PRする手段として重要な方法と考えられます。

職務経歴書での自己PR方法2,具体的なプロセス

当然、自己PRするうえで最も重要なのは経歴内容です。ここで見本となる職務経歴書の書き方は、具体的に書くということです。
今までどんな会社で、どんな役職であったか、このような表面的で抽象的な内容では評価されません。
いくら大企業で部長をしていたからといって、必ずその人が使える人間かどうかは分からないのです。
重要なのは、与えられた仕事に対して「どう働いてきたか」です。
それはどれだけ主体的で、行動的で、発想力豊かに仕事をする人間かが重要ということです。

~エピソードに数字を取り入れると信憑性が増す!~

よって、理想的な自己PRとしては結果だけではなく、過程も書いた方がいいのです。
例えば、「○年間で○円売り上げた」という事実だけ書くよりも、「その為に、毎日○件のブログをチェックしマーケティングしていた」と書いた方が評価されやすいのです。裏を返せば、何も考えずに働いていると何も書けなくなってしまうということです。

職務経歴書での自己PR方法3,ニーズに合わせた順序

経歴を書く順序でも採用する側のニーズを考えて、上手く自己PRする為に工夫する必要があります。
企業が中途採用を行う際には、主に二つの目的があると考えられます。
それは短期的に営業力などを上げたりする為に即戦力を雇う場合と、自社で能力を引き出す目的で潜在能力の高い人間を採用する場合があります。

~経歴を書く順序も企業が求めているニーズに合わせて自己PRする~

企業が即戦力を求めている場合の職務経歴書の書き方は、直近の経歴から書く方がいいと考えられます。
なぜなら、今現在のその人の能力が最も知りたい情報だからです。
それに対して、潜在能力の高い人間を求めている場合は、時系列による職務経歴書の書き方が良いと考えられます。
なぜなら、その人がどの様な経緯で今まで働いてきて、どのような経験を蓄積しているかを知りたいからです。
このように経歴を書く順序でもニーズに合わせて自己PRすることが有効なのです。

企業によって職務経歴書での自己PR方法が変わる!ニーズに合わせて書くのがポイント

このように、時と場合によって評価される職務経歴書での自己PRの方法は変わってくるのです。
常に同じ見本を基に書いていては、上手くアピールすることが出来ません。
何社も採用試験を受ける場合だと、ついつい手を抜いて同じ見本を書き写したりしてしまいがちですが、正しい書き方としては各企業のニーズに合わせて書くことと言えます。