職務履歴書の書き方で重要なこととは | 新卒就活.com

2016/09/14更新

職務履歴書の書き方で重要なこととは

職務履歴書の書き方で重要なポイントをお教えします。職務経歴書はどのように書くのが正しい方法なのでしょうか。
特に第二新卒の方は気になるところですよね。職務経歴書の書き方で重要なポイントを押さえることで、効率的に就職活動を進めましょうね。就活生には必見のページです。

職務履歴書を提出することの意味とは

system-825314_640

企業によっては求人募集の際に職務履歴書と呼ばれる書類を履歴書とは別に提出することを義務付けている場合があります。
この職務履歴書とは今までに経験してきた職務の履歴を詳しく記載するための書類です。

~職務履歴書に書き方次第で求める人物か否かが分かる!!~

職務履歴書の書き方次第で企業の求める人材か否かが一目で分かる仕組みとなっています。
そのため職務履歴書の書き方には十分な注意が必要となりますし、ただ単に職歴を書いただけでは職務履歴書の書き方としては不十分だと言えます。
正しい職務履歴書の書き方を身に付ければ、企業の目にもその内容が留まることにもなりますから、まずは自分の職歴を正しく把握することから始めましょう。

注意が必要なのは職務履歴書の中身!!

職務履歴書の書き方は基本的には職務履歴書のフォーマットに従い記載していくことになるわけですが、重要なのは職歴の多さではなく、その中身だと言うことです。
職歴が多いと言うことは、同じ社内での異動が多いか、転職歴が多いのどちらかに分類されると言えます。

~ただし転職歴が多すぎる阿合はひとつの仕事が長く続かない印象を与える!!~

同一企業での移動であればそれほど問題となることはありませんが、転職歴が多くて職務履歴が増えている場合には、一つの仕事が長く続かない人だと言う印象しか与えることが出来ません。
そのため転職で職歴が増えている人は、職務履歴書の書き方に注意をしても、マイナスイメージをぬぐえない場合があるということを肝に銘じておく必要があるでしょう。

同一企業で異動が多い場合の職務履歴書の書き方とは

職務履歴書の書き方で、同一企業内で異動が多く部署を色々と変わっている場合には、それぞれの部署で何を行ない、何を受け持ち何を成してきたのかを詳細に記載する必要があります。

~職務内容について具体的に記載すること~

もし異動が多いだけの職務履歴書の書き方では、結果としてその職歴で身に着けたものも成し遂げたものも無いと言うことになりますから、それでは企業の求めている能力を有しているかどうかも判断できないと言うことになります。
そのため必ずどんな仕事をしてきたのか、その職務内容はどのような内容だったのかを分かり易く記載することが重要なポイントとなります。

職務履歴書に求められているものはどんなスキルを身に着けてきたのかどうか

職務履歴書の書き方で企業が求めているものは、その企業で役に立つ経験を職歴の中でしてきたのか、どのようなスキルを身に着けておりそれが企業での仕事にどのように役に立つのかということが重要です。
職務履歴書の提出が必要ということは、その時点で優れたスキルを有する人材にターゲットを絞ってきていると言えますから、職務履歴書の書き方でもそれに適合する内容が必要となるわけです。
もし就職を目指す企業が以前の職歴と同じ業種であれば、職歴で身に着けた技術や成し遂げた成果が必ず選考のプラスとなりますので、資格を取ったのであればその資格を、何かを成し遂げたのであればその成果を記載することが大きなプラスとなるでしょう。