職務歴とは?履歴書・職務経歴書での役割の違い | 新卒就活.com

2016/09/20更新

職務歴とは?履歴書・職務経歴書での役割の違い

職務歴とは?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。
履歴書・職務経歴書における役割の違いは把握しておくべきです。
職務歴とはどういう役割を持つものなのか、把握した上で履歴書・職務経歴書を書くようにしましょう。
特に第二新卒の方には必見です。

職務経歴書における職務歴の目的とは?

cc-library010010719
職務歴とは?なんて疑問を持つ方は多くはないかもしれませんが、実際にいるのも事実です。
職務歴、つまり職務経歴とは、過去に従事してきた職務や地位、業務内容を具体的かつ端的に連ねた、その人個人の基本情報です。
履歴書や職務経歴書などの項目の一つとして使用することが多く、就職活動をする上では欠かせない要素となっています。

~職務歴とは仕事上における能力が読み取れるもの~

職務歴とは、ただそれまでの経験を述べればいいというものではありません。
下記に履歴書・職務経歴書別に役割を示していますが、しっかりと事実を魅力的に伝わるようにする必要があります。
採用担当は、職務歴からその人のプロフィールを把握しようとします。
つまり、どういった能力かをもその時点で精査し始めている、ということです。

職務経歴書における職務歴の役割とは?

履歴書の職務歴で採用担当者の興味を惹かせたら、次は職務経歴書です。
職務経歴書の職務歴とは、履歴書を詳細にしたものです。
とはいえ誇張しすぎてしまったり、密に書きすぎてしまったりすると、書いている内容が伝わりにくくなってしまうので注意です。

~職務経歴書の職務歴で「深堀り」させる~

職務経歴書では、つかんだ採用担当者の興味に応えていくような職務歴を書くような意識を持ちましょう。
書ける内容はたくさんあるかと思いますが、わかりやすい書き方としては数字を使って業務内容や成果を表していくといいでしょう。
とはいえ、専門的すぎる情報は、採用担当からしても「?」となってしまうので、あくまでも採用担当の目線でいることが大事です。

履歴書における職務歴とは??

履歴書や職務経歴書から、その人の能力や人格、特性などを見極め選考するのが「書類選考」です。
こと履歴書は書類上の第一印象を左右する大事な応募書類です。
履歴書における職務歴とは、応募者が思っている以上に重要な役割を果たす「つかみ」ということになります。

~履歴書の職務歴は「つかみ」の役割を果たす~

採用担当者の、書類上の第一印象に関わるのが履歴書の職務歴です。
つまり、ただありきたりな「入社」「退社」を書いていくだけでは当然物足りないです。
どういう役職を任されていたのか、どのような成果を出してきたのか、そういった簡潔な要素も書き込んでいくことが大事です。
もちろん、詳細に書きすぎると採用担当も見る気が失せてしまうので、シンプルにすることも心がけます。

職務歴とは履歴書・職務経歴書で役割が異なるので注意しよう!

職務歴とは?という疑問について、履歴書と職務経歴書における役割の違いについてまとめてみました。
職務歴とは、端的に言うと『その人の能力・人格』をイメージさせるものです。
そのため、ただふわふわと事実だけを書き連ねていけばいいというものではありません。
しっかりと第一印象を植え付けることができるような履歴書・職務経歴書の書き方を身につけるようにしましょう。