職務略歴の提出を求められる求人とは | 新卒就活.com

2016/09/20更新

職務略歴の提出を求められる求人とは

職務に対し、豊富な経験や実績を上げている場合に必要になるのが職務略歴です。
そのまま書いてしまうと文章が長く、内容が散逸的になってしまう可能性があるため、端的にまとめる必要があります。
また、学内ベンチャーや研究の成果を織り込めるのもポイントです。

職務略歴は就活生でも必要になる場合も

san-francisco-918903_640
産学共同のプロジェクトが増える中、企業の研究に大学が協力するケースが増えており、様々な実験やデータの収集が行われています。
また、研究の高度化などから学内でベンチャー企業を立ち上げ、社会経済や発展に寄与するケースも増えています。

~学内での共同研究やベンチャーでの活躍や貢献も書ける!~

職務略歴は経歴書を書く際にあまりに情報が多い場合に整理するための物でもありますが、学内での共同研究やベンチャーでの活躍や貢献も有効な情報であるため、学生であっても書ける事項が増える場合があります。
また、企業の競争も激化し、ヘッドハンティング等も盛んにおこなわれるようになっているため、将来的に必要になる人は決して少なくないのです。
実績が豊富であれば、就活を始める際から職務略歴が必要になる場合もあり、重要性が増していると言えます。

職務略歴の一般的な使われ方とは??

職務略歴はヘッドハンティングの際や、管理職の募集などの際、実績と能力を適切に測る為に使われます。
職務経歴をただ書き連ねるだけでは、情報処理能力の適性を疑われてしまうからです。
より新卒者に近い使われ方としては、一般職ではなく管理職候補としての募集に使われることがあります。

~ヘッドハンティングや管理職候補の求人に求められる~

職務略歴が求められる求人と言うのは、エグゼクティブクラスへの最短ルートなのです。
もちろん、実務能力も問われる事になるため、実際に仕事を始めれば結果を常に求められる事になります。
やりがいがあり、能力を試されると言う点では、上昇志向が強い人ほど向いている求人であり、その意識に見合った実績として豊富な経験が必要になるのです。

職務略歴に必要なものとは??

職務略歴が求められる仕事は管理職など人の上にたつ役職が多くなります。
そのため、適切な人員管理やスケジュールの構築、広い視野で物語をとみる能力などが必要になります。

学生であれば、生徒会やサークルの部長など、いかにリーダーシップをとっていたかが焦点となります。
研究職や、技術職であれば、どこでどんな技術を学んできたか、どんな研究に関わってき、何を開発したかです。
当然、学生のうちに賞を取るなどの実績があれば評価されます。

~実績が必要不可欠!大学時代や在職時に結果を残すことが重要~

就活の時点で職務略歴が必要な程の求人に直接応募することは難しいのですが、将来必要な事を踏まえて、学内の役職や、就職先と言うキャリアの選択をする事も重要なのです。
経験は必ず活かすことが出来る物であり、無駄になることはないのです。

職務略歴には実績が必要不可欠!就活生でも功績をあげていれば必要になる!

職務略歴はエグゼクティブクラスや、その候補が職務経歴書の中で使うものです。
しかし、近年では学生でありながら特異な功績をあげる人もいるため、学生だから不要とは言えなくなっています。
自分に書くだけの物がないと考えてしまう場合は、それに見合うキャリアを身につけ、就職した社内で出世していくか、それとも違う環境を求めて外に行くのか、その場の状況に照らし合わせて判断することが重要です。