職務経歴書におけるスキルの書き方について | 新卒就活.com

2015/10/29更新

職務経歴書におけるスキルの書き方について

職務経歴書におけるスキルの書き方について紹介します。
新卒は基本必要ないものですが、たまに提出書類として書かれていることがあります。
それは中途採用の募集を同時にかけたことが原因で新卒の場合は提出が不要です。第二新卒の場合はスキルが少なくても、書く必要があります。

新卒採用で応募要項に職務経歴書の記載があった場合は??

stairs-70509_640
新卒で自分が就職を希望する会社の応募要項の中に職務経歴書の記載があったら、問い合わせをするのがポイントです。
職務経験がなくても、アルバイトの経験やスキルでも詳しく書いてほしいと言う企業から、全く提出の必要がないケースもあります。
企業が何を求めているかを確認するためにも、思い込みで判断せずに問い合わせをすることが重要です。失礼と思うことはないのです。

●企業に問い合わせる勇気が大事!かえって評価される!

不要な職務経歴書の添付で落とされることはほぼないものですが、確認する姿勢はかえって評価の対象になります。書き方を考えるのは問い合わせをしてからで問題はないのです。
提出が必要な場合は、少ないスキルでもアピールする書き方はあります。

職務経歴書におけるスキルの書き方1,エピソードを交える

稀なケースですが、新卒で職務経歴書をもとめられた場合や、事情があって勤めていた会社をすぐに退職することになった第二新卒の場合、職務経験は全くないか、どうしても少なくなります。
実社会で求められるスキルと、資格だけ取得したものでは現場での乖離が著しい場合もあり、就職後に猛勉強が必要になる場合もあります。

●困難に立ち向かってどのような工夫をして乗り越えたのかを記載しよう

職務経歴書でスキルをアピールする書き方の一つは、エピソードを交えて書き上げることです。
学生の仕事であっても、学園祭などでポスターの作成やレイアウトを担当した、アルバイトであっても正確な作業が認められ、職務の幅が広がり責任も大きくなったなど、責任を任せられる、人に仕事をお願いされるなどの信用関係は大切になります。
また、大げさにならない範囲でイベントやトラブルの際に技術や知識を駆使して立ち回ったなどの書き方も好まれます。

職務経歴書におけるスキルの書き方2,スキルを磨く姿勢を示す

あまり多くのエピソードがない、または話を作りすぎてしまうのではないか、信用されないのではないかと思ってしまう方もいるはずです。
そんな場合にお勧めなのが、スキルを磨く姿勢を示す書き方です。
職務経歴書は経歴を書くものですが、取得した資格や、経験をどう活かすかアピールするのも可能となっています。
そのため、新しい資格、上級資格を取るために勉強していると書くことも可能です。

●学習する姿勢や積極的に行動する姿勢をアピールしよう!

大切なのはスキルを持つだけでなく、発展させ、磨く姿勢にあります。
職務経歴書の中でも学習する姿勢や積極的に行動する姿勢を示せることは大きなプラスなのです。
その上で、就職を志望する会社の中で、どう活かしていくのかPRするような書き方が出来ればさらに評価が高まります。

職務経歴書で重要なのはスキルを磨く姿勢を示した書き方!

新卒でも職務経歴書を求められる場合は、企業側の不備の場合もあれば少しでも気持ちを書いてほしいと言う場合もあります。
大切なのは企業自体の意志を確認することであり、必要であれば書けるスキルや経験が少なくても技術の向上を目指すことや、企業に活かす書き方ができれば、自然と内定が近づくのです。