職務経歴書における実績の書き方 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

職務経歴書における実績の書き方

職務経歴書における実績の書き方をご存知ですか?
企業に提出する職務経歴書ですが、その書き方次第で企業へ与えるイメージは良くも悪くもなります。特に実績に関しては、企業が非常に注目するポイントですので、いかにアピールできるかが職務経歴書の書き方で重要となります。

職務経歴書における実績の書き方1,内容をまとめる

cc-library010009832

まず最初に行なう必要があるのが、職務経歴書に書く内容をきちんと整理してまとめるということです。
職務経歴書に書く内容は勤務先・職務内容・異動があった場合は異動先・役職・そして実績を記載する必要があります。
どの段階でどういった役職に就いたのか、実績はどの段階でどういった功績を挙げたのか、賞などを受賞している場合どういった賞を受賞したのかといった内容を、出来るだけわかりやすく記載していく書き方をする必要があります。

●一般的には周知されていない役職や実績には補足説明を加える!

特に一般的には分からないような名前の役職や実績などはどういった役職なのか、どのような内容の賞なのかをきちんと説明する必要があるといえます。
自分では分かっていても、提出する企業側の担当者が分からなければその内容は意味がありませんし、その書き方では職務経歴書としては不完全なものだといえるでしょう。

職務経歴書における実績の書き方2,具体的に記載する

職務経歴書に記載する実績の書き方で、その実績を説明する場合はどれだけ相手に伝わるかが重要となります。
例えば社内で賞を受賞した場合、その賞がどれくらい価値のあるものなのかが分からなければ、記載した賞は何のアピールにもなっていないといえます。
その賞に関しても、社内だけの賞なのか、それとも社外でも通用するような賞なのかを実績の書き方として盛り込むことも、職務経歴書では必要となってきます。

●プロジェクトに携わっただけでは実績とは呼びにくい!成果を必ず記載する

特に社外でも通用するような大きな賞であれば、それは武器となりますしアピールには最適だといえます。
実績を記載する場合に職歴の中で大きなプロジェクトに携わっていた場合には、そのプロジェクトがどうなったのかを記載することも忘れてはいけないといえます。
携わっただけではそれは実績とは呼びにくいですから、きちんと成果が出たのかどうかが重要となってきます。
そのため必ず携わったプロジェクトの結果を記載するようにしましょう。

職務経歴書における実績の書き方3,自慢話にならないよう注意!

職務経歴書の書き方で注意したいのが、実績が単なる自慢話にならないように注意するということです。
実績を記載してアピールするのは当然のことだといえますが、その書き方が自分ひとりでその実績を作り上げたような内容だと、それは単なる自慢話としてしか提出する企業側には伝わらない恐れが出てきます。

●実績を作り上げるまでのプロセスを説明すること!

実績を上げたことは事実だとしても、それは決して自分ひとりの力で成し遂げたものではないはずですから、それを忘れた書き方は、プラスになるよりもむしろマイナスになることのほうが多い場合があります。
そのため必ず自分だけで実績を作り上げたような書き方は避けて、どういった経緯でその実績を作り上げたのかを説明するようにすると良いでしょう。

職務経歴書に記載する前にこれまでの実績を整理すること!

以上職務経歴書における実績の書き方でした。

●実績をまとめる
●実績は具体的に説明する
●自慢話にならないよう注意が必要

職務経歴書に記載する実績の書き方は慎重に行う必要があります。
特に第二新卒の方は、在職期間に関わらず職務経歴書は必ず作成しましょう。
特に提出する企業と関係のある実績であればアピール度も高くなりますから、きちんと整理して書き漏らしのないよう、正しい内容の実績を書くように心がけましょう。