職務経歴書における志望動機に必要な心得 | 新卒就活.com

2016/09/13更新

職務経歴書における志望動機に必要な心得

職務経歴書における志望動機に必要な心得についてご紹介します。
職務経歴書は職務についた経歴がある人が書く書類であり、新卒の場合は必要ないとされています。
ですが、第二新卒では必要とされます。
職務についた期間に関わらず、一度就職してある程度の業務に従事している第二新卒には欠かせないものです。

職務経歴書の志望動機に必要な心得1,

windows-14874_640

職務経歴書の志望動機を書く際に一番必要なことは、希望している企業の魅力について書くことです。
貴社はこんなに魅力的だから私はぜひ働きたいんです、と伝えるのが職務経歴書における志望動機のメインポイントです。

●他社との差別化を意識した志望動機が重要!企業研究を徹底的に!

この際に、代表的な事業内容を書くだけでは、他の応募者と被ってしまいますし、熱意が伝わりません。
ですので、より詳しい事業内容やその会社独自のものをあげる必要があります。
企業のホームページを隅々まで読み、更に他社との差別化をした上で志望動機を書けば、熱意は確実に伝わるでしょう。
また、OBOG訪問を通して、企業研究をすると他とは違った志望動機を書くことができます。

職務経歴書の志望動機に必要な心得2,キャリアプランを明確にする

次に職務経歴書の志望動機で必要なことは、応募先の企業に入社することで何を実現したいかを書くということです。
流れとしては、自分はどういう理由で、このような夢、目標があり、これらは貴社に入社することで実現できます、というようにする必要があります。
そして、それらの夢、目標はその企業ではないと叶えられない、ということを伝えなければなりません。

●事業内容や会社で築けるキャリアを絡めて書くのがポイント!

そこで、事業内容やその会社で築けるキャリアなどと絡めて書くと志望動機の印象がとても強くなります。
職務経歴書となると固いイメージを持ちがちですが、夢などを語ることで意欲を示すことができます。

職務経歴書の志望動機に必要な心得3,入社後に活かせる能力をアピール!

志望動機で最後に必要なことは、これまで学んできたことが応募先の企業で活かせるということを伝えることです。
ただ、働きたいという一方的な思いを伝えるだけでは、採用はされません。

●自分を採用するメリットを企業側に呈示する必要がある!

採用担当者は、職務経歴書をとおし、その人材を採用することで、企業にとってどういうメリットがあるかということに注目しています。
ですので、やりたいことだけをだけをかくのではなく、その企業では自分の能力をどのように活かすことができ、それによって企業にどのようなメリットがあるかという自分の売込みをする必要があります。
職務経歴書において自分の能力を示すことは非常に重要ですし、自分の能力の活かせる場所だから働きたい、というのはl立派な志望動機になります。

職務経歴書の志望動機に必要なのは面接官に興味を抱かせる内容!

以上、職務経歴書の志望動機欄において必要なことを書いてきましたが、志望動機欄にもスペースの限りがあります。
ですので、それぞれに対し、詳しく書き過ぎるのではなく、面接でもっと聞いてみたい、と思える内容にしましょう。
そうすることで、面接時に採用担当者も質問をしやすくなりますし、学生のあなたも職務経歴書の志望動機欄では書ききれなかった熱い思いを伝えることができます。
そして、採用担当者との会話も弾み、内容の濃い面接とすることができるでしょう。
志望動機で一番必要なことはとにかく「貴社でないといけない」という熱い気持ちを込めることです。
ぜひあなたのオリジナルの素敵な志望動機を作ってみてください。