職務経歴書における自己PRの書き方について | 新卒就活.com

2015/10/29更新

職務経歴書における自己PRの書き方について

職務経歴書における自己PRの書き方について紹介します。
いざ、就職活動しないといけない状況になっても、まずは職務経歴書の書き方に戸惑う人も多々いるかと思います。
一人で考えていても答えは出ないので、とにかく行動することが大事です
第二新卒の方には必見のページです!

職務経歴書における自己PR書き方1,シンプルな文面がベスト!

職務経歴書の書式は基本的に任意ですが、具体的な職務履歴と自己prと志望動機は必須と言えるでしょう。
何よりも自分がアピールしたい項目は盛り込むようにしましょう。
職務経歴書の書式はホームページで事例が公表されているので、参考にしましょう。
といっても、そっくりそのまま利用する必要はなくて、自分の都合の良いようにアレンジすると良いです。

~職務経歴書は文量よりも質重視で作成しよう~

職務経歴書は短い文面だとアピールが少ないですし、文面が長すぎると読む側としては時間を要します。
採用担当者は多数の応募書類を見ないといけなので、適度な文面の長さで印象が伝わるものがベストです。
なので、どちらかといえば、量よりも質を意識する書き方が望ましいです。

職務経歴書における自己PR書き方2,経験のある職種の場合

これについてはいうまでもありませんが、今まで経験したスキルを纏めてみましょう。
経験したスキルの中でもあまり自信が無い要素もあるかと思います。
出来るものだと自信を持って自己prとして下さい。実際のところ、多少苦手でも再度経験すれば能力は上がることは多々あります。

~経験内容をしっかり振り返ることが重要!~

また、経験していないことをわざわざ書く必要はありませんが、面接で聞かれた時の為にも経験していないことについてはどんな風に今後補っていくかを考えておくと、これも自己prとなります。
基本的には同職種への転職の場合は経験したことがそのまま自己prとなるのが特徴です。
なので、経験したことをしっかりと振り返って職務経歴書を作成すれば、採用は難しくはないでしょう。

職務経歴書における自己PR書き方3,経験のない職種の場合

経験の無い職種については、まずはその希望している職種にどういったスキルがいるのかを吟味して今の自分のスキルと比較しましょう。
合致している要素があればそれが自己prとなります。
例えば、技術職から営業職に転職する際には全く異なる職種なので、転職は難しいかと判断されるかもしれません。
しかし、技術職の中には、どんな商品を開発するかをお客さんと打ち合わせするケースも多々ありますので、実は中には技術よりもこの折衝能力が得意な人もいます。

~未経験の職種でも活かせる過去の経験をアピールしよう!~

なので、この能力を自己prとすると転職に活用できます。
このように異なる職種への転職の場合は、今までの職歴から培ってきたものの中からどれだけ転職の為に役に立つものがあるかがポイントになります。

職務経歴書における自己PRでは企業に活かせる経験をアピールしよう!!

以上職務経歴書における自己PRの書き方についてご紹介していきました。
就職の際にはどうしても職務経歴書の書き方や自己prの内容に悩むケースが多いかもしれませんが、採用担当者が応募者に対して見ていることは、この人の経歴から今何が出来るのか、またこの人は今後どうなっていくのか、です。
なので、このことを意識した自己prや書き方をすると良いでしょう。