職務経歴書について未経験者が知っておくべきこと | 新卒就活.com

2016/09/13更新

職務経歴書について未経験者が知っておくべきこと

職務経歴書について未経験者が知っておくべきことをご紹介します。
職務経歴書は就業経験がある人が書く書類であり、基本的には新卒は必要されていないものです。
ですが、第二新卒の場合は別です。
例え在職期間が短くても、一度就職し業務に関わった経験がある以上、職務経歴書は書かなくてはなりません。

職務経歴書について1,自分を売り込むツール

woman-872122_640
職務経歴書というものをご存知ですか?
自分が今まで経験したアルバイトと同業界に就職を考えられている方もいると思いますが、未経験の業界に就職を考えられている方の方が多いと思います。
そうした際に、内定をもらう確率を上げるための大きな武器となるものが職務経歴書です。

●志望する業界や職種に活かせる経験を記載=自己アピールになる!

これは業界経験者にとっても有用なものになりますが、それ以上に業界未経験者にとって大きな効果を発揮します。
職務経歴書には、これまであなたが経験してきた職務内容で、志望する業界または仕事に活かせそうな内容を書きます。
この書類1つで、就職活動で内定を得る確率を向上させることができます。

職務経歴書について2,採用の確率を上げるツール

あなたが企業の採用担当だとします。業界の経験がある人と未経験の人、どちらを採用したいですか?
多くの方は、業界の経験がある人を採用したいと考えるでしょう。
なぜならば、入社段階で基本的なことを理解している人の方が、その段階での能力が高いと見込めるからです。

●経歴から応募者の人柄や特徴を判断する!

ですが、業界未経験者でも採用に値する人はいるはずです。
その判断基準の一つとして、これまでどういったことを経験し、どうやって仕事に活かせるかという点があります。
これを採用担当の人事にわかりやすく説明する書類こそ、職務経歴書です。
職務経歴書の内容を見ることで、仕事上でのその人の特性を確認できると、採用しようかな、という思いも強まります。

職務経歴書について3,記載事項

職務経歴書にはどういったことを書けば良いのでしょうか?
それは、未経験だが志望するという業界での仕事で活かせるこれまでの経験を書けば良いのです。が、なかなかピンとこないと思います。
そこで、下記に具体例をいくつか記載します。

<営業>
接客業を経験しており、お客様のニーズを聞く能力を身につけました。
<総務、経理>
事務作業を経験しており、表作成やプレゼンテーション資料作成能力を持っています。
<企画、開発>
アルバイト先での新商品開発に携わった経験があります。

●具体的な数字や固有名詞が入ると信憑性が増す!

このようにして職務経歴書は、仕事内容に絡めて大見出しを作ります。さらに具体的な商品名や数字が入ると、内容により信憑性を持たせることができ、未経験者でも高評価につながります。

未経験業界へ挑戦する場合の職務経歴書は相手がイメージしやすい書き方をすること!

就職活動において、志望業界の未経験者が経験者に比べて不利なことは間違いありません。
しかし、未経験者の中で上位に入れば、内定を取れるのもまた事実です。
未経験業界へ挑戦する場合の職務経歴書は相手がイメージしやすいように、具体的な数字や商品名等も盛り込んだ書き方が適切です。
これから就職活動をされる大学生や第二新卒の方で未経験の業界に就職を考えられている方は、この職務経歴書をうまく使って、素晴らしい企業の内定を勝ち取ってください。