職務経歴書に書く実績がない時のポイント | 新卒就活.com

2015/10/29更新

職務経歴書に書く実績がない時のポイント

職務経歴書に書く実績がない時のポイントをお教えします。
職務経歴書の中に詳しく書ける実績がない場合は、書類選考で勝ち残るのも厳しくなる場合があります。
しかし、採用担当者も実績ばかりではなく、志望動機も含めたトータルで見るものです。総合力で勝れば十分にチャンスはあるのです。 

職務経歴書に書く実績がない時のポイント1,経験が大事

1024-cc-library010006665
主に中途採用の際に重要になる職務経歴書ですが、若いうちの転職などでは実績が無く、書き口に困る事もあります。
一方で、職務経歴書の中でも、事務職などは実績として明確提示できるものは少なく、技術や勤務年数の方が評価の対象になる場合もあります。 

役職がつくような、キャリアアップのための転職や、新規事業のプロジェクトリーダー等でなければ、実績がないのはそれほど問題にならない事も多いのです。 

~自分の中でアピールできる何かがあるかを考えること~

むしろ、正社員の期間などが身近にもかかわらず、多くの実績を上げていると経歴を疑われてしまう場合もあります。 
実績がないことにはこだわらず、自分の中でアピール出来る事が何かを考えていくことが重要です。 

等身大の自分から、前向きに考える姿勢も大切なのです。 
 

職務経歴書に書く実績がない時のポイント2,モチベーションの高さをアピール

職務経歴書に実績が書いてあっても、モチベーションなどを疑われればそこで落とされる可能性があります。
実績がない場合は特に重要な部分で、モチベーションに関わる志望動機や自己PRは特に重視したい点です。 

アルバイトの経験なども重要で、実際に働くうえで学んだことを志望動機などにつなっげられるのがベストです。

~実績がない場合にはサークル・インターンシップの活動を活かす~

就業経験が少ないのであれば、サークルやインターンシップなどの課外活動を活かす方法もあります。
大切なのはなぜ働きたいかと思ったのか、その出発点です。出発点がわかれば性格や好みなどの個性が伝わりやすくなり、今後の展望などへの興味が湧きます。
職務経歴書で実績がない場合は、このストーリーのまとめ方が採用を大きく左右すると言えます。 
 

職務経歴書に書く実績がない時のポイント3,文章に力を入れる

職務経歴書を提出する際に気を付けたいのが、職務経歴書を読んだうえで採用担当者が会いたいと思える文章になっているかです。
職務経歴書はその内容を読んだだけで経験などが伝わるように書く必要がありますが、一方で面接の入り口になる部分でもあります。
面接につなげるための布石を置くのも重要です。 

~これからどう仕事で実績を上げるのか話せるようにしておくこと!!~

実績がないことはマイナスではなく、実績がないのに何故この職業を選んだのかを聞きたくなるようにすることが必要なのです。 
文章で書いたことであっても本人の口から聞きたい場合もあるため、隠し事や出し惜しみはNGです。 

なぜ働きたいと思い、これからどうしたいのかが採用者が気にするポイントです。
そして、これからどうやって実績を上げるのか、面接ではっきりと話せるようになるまで文章を練り上げておく必要もあります。 
 

職務経歴書に書く実績がない時には自分の経験をいかに実績につなげるかをアピール!!

実績がないうちに異業種へ転職することや、未経験に近い状態で新たな仕事に就くことは十分にあり得る事です。
職務経歴書を書く際は実績よりも経験や志望動機に的を絞り、モチベーションの高さなどと結びつけて書き上げるのが鉄則です。 
働きたいと思った出発点とどうしていきたいかを明示し、面接の際でも迷わず答えられる文章を考える事が、矛盾を無くし、言葉に説得力を与える事に繋がるのです。