職務経歴書の実績がない場合の書き方 | 新卒就活.com

2016/09/14更新

職務経歴書の実績がない場合の書き方

職務経歴書の実績がない場合の書き方をご紹介します。
企業へ提出する書類の中には職務経歴書と呼ばれる今までの職務経歴を記載する書類が有る場合もあります。
その場合、重要になるのが実績なのですが、職種によっては実績がない、実績を書けない場合もあります。

職務経歴書の実績がない場合の書き方1,エピソードを盛りこむ

idea-935587_640

企業に提出する職務経歴書の内容に求められているものとは、ズバリ職歴の中での実績が最もアピールできるポイントとなりますし、企業側も重視するものだと言えます。
その為今までの職歴の中での実績をどのように記載するかで職務経歴書の内容も大きく変わってくると言えるでしょう。

~数字では表すことが出来ない実績はエピソードで説明する~

しかし実績の中には数字では表すことが出来ない実績などもありますし、単純に記載できるような実績がないと言う場合も考えられます。
そうなると職務経歴書へ書くことのできる実績は全くないと考えてしまうかもしれません。
ですが実績の書き方は数字で表すだけでなく、職歴の中のエピソードを記載すると言う方法でも、職務経歴書の中に実績を記載することが出来ると言えます。

職務経歴書の実績がない場合の書き方2,抽象的な内容はNG!

職務経歴書へ記載する実績が無い場合のエピソードの書き方ですが、これは曖昧な表現ではなくきちんとした当時のやり取りの内容を記載するほうが効果的だと言えます。
なぜなら、職歴の中のエピソードは実際に経験したことですし、それによってどのようなことが起きたのか、自分自身がどういった成長を遂げたのかを職務経歴書に記載できれば、それは十分な実績として評価される可能性が高くなると言えるからです。

●事実を裏付ける具体的なエピソードが必須!

しかし抽象的な内容の場合にははっきりとした事実が分かりません。
仮にスキルを身に着けたとか、経験が豊富といった内容であっても、それを裏付ける事実が職務経歴書の中で確認できなければ、それは事実とは呼べないため企業側も実績として認められないと判断する可能性が高くなると言えます。
そのため必ず事実を事実として記載すること、その経験でどのような変化が自分自身に合ったかということを企業側に分かるように記載することが、実績がない場合の職務経歴書の書き方になると言えます。

職務経歴書の実績がない場合の書き方3,誇張はご法度!

職務経歴書に実績がない場合に書くエピソードは、必ず正確な内容のものを書くことが必須となります。
実績が無い場合、エピソードを誇張して書きアピールしたくなると思います。
ですが誇張したエピソードはその時点で事実ではなくなりますし、何よりも自分自身でハードルを上げてしまう結果になる可能性があります。

●実績だけでなく仕事に対するスタンスも重要!

そのため、誇張したり内容が自慢話のようなものにならないように注意しましょう。
職歴の中でどのような経験をし、その経験によってどのような事柄があったのか、どういったことに気を付けて仕事をしてきたのかといった内容で職務経歴書に記載をすれば、その人がどういったスタンスで仕事に取り組んできたのかもわかる内容になると言えます。
実績も重要ですが、仕事に対するスタンスも重要ですので、それを記載することは十分なアピールになると言えるのではないでしょうか。

職務経歴書に記載できる実績がなくとも仕事への取り組み方でアピールできる!

職務経歴書に記載する内容は、企業へのアピールだけでなく自分が歩んできた職歴の歴史でもあります。
そのため実績がない場合でもその内容は重要だと言えますし、無理にない実績を誇張して書くよりも日頃の仕事への取り組み方を記載したほうが、企業への印象も良くなると言えるでしょう。
また誇張した書き方や曖昧な表現には注意しましょう!