職務経歴書の書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

職務経歴書の書き方とポイントについて

職務歴の書き方によっては、書類選考の通過……ひいては採用につながるかどうかが変わってきます。
転職活動においては自分の経験を上手にアピールし、企業にとって有益な人材であるとアピールしなくてはなりません。
ここでは魅力的な職務歴の書き方とはについてご紹介しましょう。

職務歴の書き方1,企業の目線を知る

finger-247144_640
転職活動において重要となってくる「採用につながる書き方」には、いくつかの要素があります。
そのひとつめは、企業にとって求める実務能力を満たしているか、という点です。
身につけた能力に酔ってしまい、自分よがりの職務歴の書き方をしてしまってはいませんか?自分の志望する企業の目線になって履歴書・職務経歴書の書き方をするようにしましょう。

●企業にとって有益となる経験をアピールしよう!

たとえば前職が電気工事士で、職長という役職を与えられていたとしましょう。そして転職先はIT企業。
これだけを見ると、IT企業にとっては電気工事士は有益な人材であるようには見えません。
そのため、「第一種電気工事士」の資格を持っていたとしても、記載するメリットはあまりありません。
この場合、ちょっとヒネって「職長としての管理能力」をアピールするようにしましょう。
こうして自分の経験からくる『企業にとって有益だ』と思わせる職務歴の書き方が必要となってくるのです。

職務歴の書き方2,簡潔にまとめる

転職志望の企業の採用担当は、多くの履歴書・職務経歴書に目を通します。
そのため、ひとめで内容を理解できる職務歴の書き方をしなくてはなりません。
とはいえ、書きたいことがありすぎて困る……という人も少なくはないはず。
職務歴の内容を読み取ってもらえる書き方とはどのようなものなのでしょうか。

●職務歴の内容は一目で分かるようなシンプルな書き方をしよう!

多くの書面に目を通す採用担当者にとって、文字がびっしり書かれた職務歴は見るだけでうんざりです。
そのため、内容をひとめですんなり把握してもらうためには、シンプルな書き方をするように心がけましょう。
しかしただ簡潔にすればいいというわけでもなく、いざ書類選考を通過したときのことを考え、面接で説明できるような、また面接官が質問したくなるような職務歴の書き方をするようにしましょう。
意図を持って簡潔な書き方をすることが大事です。

職務歴の書き方3,転職する目的を明確にする

企業の求める能力があるか、シンプルで惹きのある書き方をしているか、それらに加えて、転職目的がはっきりとわかるような職務歴の書き方にするのも重要です。マイナスなイメージを持たせるような職務歴にならないように注意です。

職務歴の魅力付けは大げさにしすぎないこと!

職務歴の書き方として、ただ淡々と職歴を書けばいいというわけではありません。
転職目的をはっきりと読み取らせるような、かつ仕事に対して意欲が見られるような書き方をするようにしましょう。
その際に注意すべきは、先に述べたマイナスイメージを持たせないことに加え、職務歴をおおげさに書きすぎないことです。
信ぴょう性のない職務歴では、魅力を感じるどころか書類選考の時点でバッサリと切られてしまいます。

職務歴の書き方はシンプル+プラス志向な書き方をしよう

職務歴の書き方について、要点をまとめてみましたがいかがでしたか?
まずは企業にとって必要と思ってもらえる書き方を。
加えて見やすいようなシンプルな書き方。
そして、大げさにしすぎない程度の信ぴょう性のある書き方をすることが、職務歴における魅力的な書き方になるのです。
採用側の気持ちになって職務歴を書くことが大事、ということですね。