職務経歴書の書き方とポイントについて | 新卒就活.com

2016/08/04更新

職務経歴書の書き方とポイントについて

職務経歴書の書き方をご紹介します。
職務経歴書は、転職で中途採用試験を受ける方々にとって必ず通る道です。
転職活動の際には、採用募集先の企業に履歴書と職務経歴書を送らなければなりません。
履歴書は結構簡単に書けてしまいますが、職務経歴書を書く際には悩んでしまいます。職務経歴書の書き方はどうすればいいのでしょうか?

職務経歴書の書き方1,内容に一貫性を持たせる

pens-996802_640
中途採用の面接の際に最も大事なことは、自分のやってきたことに一貫性があるかどうか、です。
例えば、工学部を卒業して工作機械メーカーで開発の仕事をしていました、等です。
もしも、工学部を出て会計をやっていました、となると多くの人が首をひねることでしょう。
ですので、職務経歴書の書き方はあくまで学歴の延長としてそれまでの業務を行っていました、と書きます。
このとき、出身大学は新卒のころほど重要視されませんし、大学時代のこともあまり聞かれません。

~中途採用では卒業後のキャリアをを見られる~

なぜなら、中途採用では大学卒業後に何をしたか、どういうキャリアがあるのか、どういうスキルを持っているのか、という点が大事だからです。
新卒の場合は職務経歴がなく、聞くことと言えば大学在学中に何をしていたや、卒業論文のテーマ、志望動機などですが、中途採用の面接ではどこどこの大学を出たなどはそれほど重要視されません。
ですので、職務経歴書の書き方には工夫が必要です。

職務経歴書の書き方2,転職理由を明確にする

職務経歴書の書き方がしっかりしていないと、書類選考の際に落とされる場合があります。
書き方があまりよくなく伝えるべきポイントが伝わっていないからです。
このとき人事の方は、パズルのピースを組み合わせるように、面接を受ける方の力量と、会社でのポジションがマッチしているかどうかを考えています。
書類選考で落とされる方はここで面接を受けるまでもなくピースが合わないと判断されてしまっています。

~転職理由はポジティブな理由にすること!~

見られるポイントは、学歴と職歴が一致しているかや、転職目的に一貫性があるかなどです。
転職目的が曖昧だと、採用担当者も不信感を抱きます。
だからといって、正直な理由を言ってマイナスな印象を与えてしまうのも別問題です。
ですからポジティヴな転職理由にしましょう。
「キャリアアップをはかるため」「挑戦したい事業があった」などなど。
意外な見方として、職務経歴書でプレゼン能力を見ている場合もあります。
たしかに、職務経歴書はこれまで自分が歩んできたキャリアです。
そのキャリアの書き方がうまくないのはプレゼン能力に欠けると判断されても仕方がないですね。

職務経歴書の書き方3,求める人物像を把握する

職務経歴書の書き方のポイントは、まずは事実の羅列を避けることです。
これでは履歴書の学歴の書き方と一緒です。
ある業務を行った場合、当然できるようになったスキル、例えばプレゼン能力やワード、エクセル等の使い方、データのまとめ方、会計のやり方などです。そのできるようになったスキルも一緒に書きましょう。

~企業で活かせる自分の能力をアピールする!~

また、学歴から前職までの経歴内容がすべてがつながっているように書けると説得力があります。
そして、採用試験を受ける会社にとって自分は必要なのかを考えましょう。
例えば、募集している仕事が製造業で、機械のメンテナンスを行う内容であったときに、機械のメンテナンスはしたことあるが、畑違いの機械なので自信がない、と言われると一気に採用の意欲をな
くします。
こういうことを避けるために、その会社に入ってその会社のために自分は役に立てる、ということを念頭に置いて職務経歴書を書きましょう。

職務経歴書は会社に貢献できる姿勢を示す書き方がポイント!

いかがでしたか?
以上、中途採用試験の職務経歴書の書き方のまとめをご紹介しました。
とくに第二新卒の場合は職歴が短く、書き方に困ってしまいます。
しかし、内定を勝ち取るためです。内定を勝ち取るまで妥協せずに続けていきましょう。